ペレスは2018年フェラーリ入りを狙う? フォースインディアに買収の動きも

ペレスは2018年のフェラーリ入りを目論み、彼のメインのスポンサーであるカルロス・スリムはフォースインディア買収を検討している。

 セルジオ・ペレスは、2018年にフェラーリ入りすることを目論んでおり、そのためのベストな選択肢として、2017年はフォースインディアに残留することを決めるとみられる。

 ペレスのF1での将来は、この数週間激しい投機の対象となっている。なぜなら、彼の支持者の意向が、そこには働いているからだ。

 ペレスは数カ月前にフォースインディアとの契約を交わしたが、これはチームと彼のスポンサーが契約を結ぶことが条件であった。

 ただ、ペレスがフォースインディアとの契約を締結したという情報は、ウイリアムズとルノーが、最終的に彼の望む形のオファーをすることができなかったということを示唆している。

 今季のウイリアムズは、フォースインディアと4位を争うという厳しい戦いの中にあり、ペレスにとって移籍を決断する大きなメリットにはなっていない。

 そしてメーカー系チームであるルノーへ移籍できるという書面上では魅力的なオファーは、ルノーがペレスに対して長期的契約を交和すように求めたことで、彼は警戒しているようだ。特に来季はF1マシンのレギュレーションが大きく変わるため、契約内容にはまだ不確実性が多く、それが懸念事項となっているだろう。

 そんな中、2018年のフェラーリには、ひとつの空席が生まれるかもしれない。キミ・ライコネンの契約期間は、来年までだからだ。

 長い間、ペレスはフェラーリに乗ることを夢見ており、ペレスとメキシコのスポンサーで足並みが揃えば、フェラーリへの移籍は可能になるかもしれない。既に彼のスポンサーであるクラロ(Cloro)社は、フェラーリのスポンサー名簿にあるのだ。

 フォースインディアと2017年限りの1年契約を結ぶことで、ペレスには2018年にフェラーリもしくはその他のチームに移籍する柔軟性を与えることになる。また、同じチームにとどまることで、来年からの新レギュレーションを見極めることもできる。

 シンガポールGP前に、ペレスは彼の将来のキャリア計画について発表することを明かしており、そのキャリア計画内では、最終的に自分の思い描いたシナリオ通りになることを示唆した。おそらくそれはフェラーリへの移籍だろう。

「これから起こることは僕の思惑通りなんじゃないかな」ペレスはこう示唆した。

 また、ペレスの後ろ盾であるメキシコの大富豪カルロス・スリムには、フォースインディアを買収しようとする動きがある。彼らの最終的な野望は、突出した、そしてタイトルを争うことができるようなチームに、ペレスを加入させることにあるのだ。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Kimi Raikkonen , Sergio Perez
チーム Ferrari , Force India
記事タイプ 速報ニュース