ホンダ、2017年に向け急進的エンジン改良を検討

ホンダは、F1のトークンシステムがなくなることで、2017年用パワーユニットを大きく再設計できる可能性があることを認めている。

 ホンダは、マクラーレンの「サイズゼロ」コンセプトに合わせる形で、独特のコンパクトなエンジンを開発し、昨シーズンからF1に復帰した。しかし、Vバンクの間にコンプレッサーとターボを配置し続けると、熱エネルギー回生に制限が課されてしまう。これにより、ホンダは今季開幕前に、いくつかのコンポーネントのサイズを拡大した。

 しかしホンダは、既成概念にとらわれたままだった。それでは、欠点が利点を上回ってしまう。しかし、来年に向けての開発に制限が加えられないという事実は、現状を深く検証することを促した。

 これにより、2017年に速いマシンを登場させるために必要な理解をもたらした。その解決策は、今のメルセデスに大きなアドバンテージをもたらしている、ターボとコンプレッサーをエンジンのいずれかの側に置くことだと考えられている。

全く新しいパワーユニット開発も?

 ホンダのF1プロジェクト総責任者である長谷川祐介は、トークンの制限が削除されたことで、状況は12カ月前とは大きく異なっていると語る。

「もちろん、我々は来季に向けて色々なことを変更することができます」

「我々はまだ正確な仕様とレイアウトを決定していません。しかし、デザインについては多くの間口を広げておく必要があると思います」

 全く新しいエンジンを作ることも可能なのかと聞かれた長谷川は、「はい。もちろん」と答えた。

 長谷川はスペインGP後、ホンダはエンジンを改良するために進行中の多くのアップグレードを持っていると語っている。しかし、これらの運用は、今季中は戦術的なトークンの使用に基づくことになる。

 アップグレードがもたらされるのは、フェルナンド・アロンソとジェンソン・バトンが、次のパワーユニットを使用し始める時だ。理論的にはおそらく、それはカナダになるものとみられる。

 また、ホンダの燃料とオイルのパートナーであるエクソンモービルは、性能向上に寄与するために、すでにカナダGPに向けて新製品を投入する計画を進めている。

メルセデスに近づくために

 ホンダが許される範囲内での変更を望む場合、トークンの使用を戦術的に考えるということは、来季は重要にはならない。

 長谷川は、ホンダが来年メルセデスに近づくために必要な、あらゆる手段を尽くすと明らかにした。

「エンジンを改良するために必要な全てのことをしたいです」と長谷川は言う。

「(作業の詳細については)我々はまだ決めてはいませんが、我々ができる全てのことをしたいと思います」

 決定に向けての時間的な制限について聞かれた長谷川は「今シーズン終了までに、我々はパッケージを決定しなければならないでしょう」と答えた。

「全てのチームは、9月か10月頃までにデザインを固定することを望みます。それは、我々にとっては厳しい挑戦です」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム McLaren
記事タイプ 速報ニュース
タグ honda, yusuke hasegawa