ボッタス、2017年へ向けた交渉に「もっと関わりたい」

ウイリアムズのバルテリ・ボッタスは、彼のマネジメントチームに信頼をおいているものの、将来に向けた交渉に積極的に関わりたいと言う。

 ディディエ・コットン、トト・ウルフ、そしてミカ・ハッキネンからなる彼のマネジメントチームに欠点はないとしながらも、バルテリ・ボッタスは移籍交渉の中でより実践的なアプローチを見つけたい明かした。

「マネジメントは何も変わっていない。今あるものがすべてだ。でもこれからは、いくつかのことにもう少し注意深くならないといけない。こう考えるようになった裏には、何のドラマも筋書きもない」

「もし何かにサインするなら、僕はもっと関わりたいということだよ。もちろん僕にはマネジメントチームが付いているけど、もっと積極的に参加したい。僕にとっても良いことだし、大きく何かが変わるわけでない」

「周りの人が過剰に反応することじゃない。ほんの少し変わっただけだ」

 ボッタスはここ最近、キミ・ライコネンに代わってフェラーリのシートを得るのではないかとされてきたが、ウイリアムズはボッタスの契約についてオプションを保持しており、もし彼らが望めばボッタスをそのまま確保できることになる。

 ボッタスは付け加えた。

「ドライバーとしては、できるだけ早く将来のことがわかるといいんだけどね。それが今年の後半に持ち越されるなら、役に立たないけどね」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Valtteri Bottas
チーム Williams
記事タイプ 速報ニュース