ボッタス、ウイリアムズのペースは「十分じゃない」と評価

ウイリアムズのバルテリ・ボッタスは、ヨーロッパGPのパフォーマンスについて「十分じゃなかった」と答えた。

 事前に超高速であると予想されていたバクーの市街地コースは、その特性からウイリアムズにとっては最も適したサーキットのひとつであると、チームは期待していた。しかしバルテリ・ボッタスとチームメイトのフェリペ・マッサは、決勝レース中のペースに苦しんだ。

 1ストップ作戦でレースを走りきったボッタスは、優勝したニコ・ロズベルグから1分遅れの6位でフィニッシュしている。

「もちろん十分じゃない」

 レース後のボッタスはそう語っている。

「しかし、これが僕らができる全てのことだったと思う。僕らは予想していたペースを、全く発揮できなかった。ペースをただ失ってしまったんだ」

「しかし、チームはとても良い仕事をしてくれた。ワンストップが成功するよう、管理してくれたんだからね。そして今回も、ピット作業は見事だった。今の僕らは、より良いマシンを作り、より良いペースを実現するだけだ」

 何が欠けていたのかと聞かれたボッタスは、次のように答えた。

「コーナーでのグリップだね。僕らは前のクルマを捕らえるために、直線でのスピードを重視してきた。しかし僕らは、コーナリング中のグリップが足りなかったんだ」

 一方のマッサは、2ストップ作戦を実施して、10位でフィニッシュした。

 ヘッド・オブ・パフォーマンスのロブ・スメドレーは、ウイリアムズはマシンからもっとスピードを引き出す必要があると語るも、今回の結果には満足していると言う。

「フェリペは予選で、リヤタイヤのグレーニングに苦しんでいた」とスメドレー。

「バルテリは最初のスティントで、それほどではないにしろ、同じようなことが起きていた。しかし、その後(グリップが)戻ってきたんだ」

「その後、実際に彼は、スティント後半に向けて非常に強かった。彼は次々に自己ベストを更新して行ったんだ。だから、我々は彼をステイアウトさせた」

「我々はこのグランプリで好結果を得ることができると期待していた。しかし、それは実際には実現しなかった。我々は戦略を分けた。フェリペは2ストップ、バルテリは1ストップだ。結果、バルテリは最初のスティントを9番手で走り始めながら、6位でゴールすることができた。それには満足している」

「我々は、クルマからもっとペースを見つけ出さなければならない」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ヨーロッパGP
サーキット バクー市街地
ドライバー Valtteri Bottas
チーム Williams
記事タイプ 速報ニュース