ボッタス「シーズン残りの目標は、ランキング4位を確保すること」

バルテリ・ボッタスは最近のウイリアムズの低迷にもかかわらず、フォースインディアより強いはずと考えている。

 カナダGP以降、フォースインディアが29ポイント獲得しているのに対し、ウイリアムズはわずか15ポイントの獲得にとどまっている。しかしながらボッタスは、ウイリアムズがフォースインディアに打ち勝つことができると確信している。

「僕は間違いなくそう思うよ。僕たちはフォースインディアより強いチームだと感じてるし、彼らの前にいるべきなんだ」とボッタスは話した。

「確かに、今シーズンの目標はコンストラクターズランキングのトップ3以内だった。しかし、今じゃレッドブル、フェラーリ、メルセデスは少し遠い存在になってしまった。残されたシーズンの中で現実的な目標は、4位を確保することだよ。僕たちはそれをやり遂げようと猛プッシュしているところさ」

 同時に、ボッタスは最近のウイリアムズの不調を認めた。

「僕たちの最近のレースはイマイチなものだと思う。マシンは可能性を秘めていると思うんだけど、なかなか結果がついてこないんだ」とボッタスは語った。

「僕たちはパッケージのパワーを100%引き出すのに手こずっている。だから手始めにやるべきことは、出場する全てのレースにおいて様々なタイヤのコンパウンドを試すんだ。それがゴールへの近道だと思う」

「他のチームも同じような状況なのを祈るけど、今年のマシンはもうアップデートがないんだ」

「マシンを何もアップデートできない状態で、今いる場所は非常にトリッキーだ。おそらく、非常に小さいと思えるものが、実はとても重要だったりするんだろう」

「でもまだ僕は積極的な気持ちでいたいし、マシンと相性のいいトラックもたくさんある。まだいいレースができる機会があると思う。本当に大事なことはフォースインディアよりも多くのポイントを獲ることだと思う。僕にとってこれがメインの目標だ」

 ボッタスは、タイヤがチームの浮き沈みを決める重要な要素だと強調した。

「チームも僕もよくわかっていることだけど、タイヤから100%を引き出せていない。それはいつも異なる理由だ。時には暖まり過ぎてしまうし、時には冷えすぎてしまう」

「ホッケンハイムでは、タイヤの寿命の計算が現実と全く噛み合ってなかったんだ。僕たちのレースは台無しだったよ。今までもこういうことが積み重なっているんだ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Valtteri Bottas
チーム Force India , Williams
記事タイプ 速報ニュース