マクラーレン「2017年について、ドライバーとの話し合いはまだ」

マクラーレンは、2017年のドライバーラインアップについて、ドライバーたちとはまだ話し合っていないと語る。

 マクラーレンは、フェルンンド・アロンソとは来季以降の契約をすでに締結しているものの、そのチームメイトについてはまだ定まっていない。

 ジェンソン・バトンとの現在の契約は今季末で切れる。もしチームが契約を更新しない場合、バトンはウイリアムズに復帰する可能性が取り沙汰されている。

 一方、チームがバトンとの契約を継続することを選択した場合、現在スーパーフォーミュラに参戦中で、昨年のGP2チャンピオンであるストフェル・バンドーンが、F1へのステップアップを待たされることになる。

 しかし、マクラーレンのレーシングディレクターであるエリック・ブーリエは、チームは現在非常に快適な状況にあり、来季のラインアップ決定を急ぐ必要はないと語っている。

「我々はふたりの素晴らしいドライバーを抱えている。ふたりのワールドチャンピオンだ。そして、有望な若い才能もいる。しかし、2017年については、まだ何も話していない」とブーリエは中国のネットワークであるル・スポーツに対して語っている。

「それを話し合う時期が来た時、我々は様々な可能性を持っているだろう」

「我々はこれらのドライバーとの契約を持っている。我々は期限内に、マクラーレンとって最善の決定を下すだろう」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Fernando Alonso , Jenson Button , Stoffel Vandoorne
チーム McLaren
記事タイプ 速報ニュース