マクラーレン、スペインGPに大幅アップデートを投入

マクラーレンは、新しいフロア、ウイング、ボディワークなど、大きなアップデートをスペインGPに投入する。彼らはこれにより、Q3進出へ加速させたいとしている。

 マクラーレンは今季ここまで、エンジン及びシャシーを進歩させてきた。しかしロシアGPでは、ほんの僅かの差でトップ10入りを逃している。

 しかし、ヨーロッパラウンドに入ると、チームは積極的な開発を継続し、前進し続けることを目指すという。

過度な期待はしないが……

 マクラーレンのレースディレクターであるエリック・ブーリエは、過度な期待をすることについて慎重である。ロシアGPでQ3進出を逃した後は特に。

「私はそのバルセロナでのアップデートが我々をどこまで押し上げるのかは分からない。そして、いかなる期待も持ちたくない」とブーリエ。

「しかし、モナコのレースは非常に予測が難しいが、それ以降は我々に適したものになっていなければならない」

 それほどパワーが重要視されないバルセロナのようなサーキットで、アップデートを投入したならば、Q3進出の確率が上がるのではないかと聞かれたブーリエは「いや、確信できるわけではない」と答える。

「我々はロシアでそれができると考えていた。しかし、01.秒の差でそれは叶わなかった。良いニュースは、レッドブルに近づけたことだろう。しかし、Q3に進出できなかったのは、今も残念だよ」

強力なペース

 パワーが重要とされるロシアでダブル入賞を果たしたことで、チーム力の向上を裏付けることができると、ブーリエは考えている。

「パッケージが上手く働き始めていることを意味している」と、ブーリエは語る。

「明らかにもっとストレートスピードは必要だし、効率も必要だ。なぜなら、燃料節約は別の問題だから」

「ロシアでのレースの終盤、フェルナンド(アロンソ)は、燃料を節約せず、数周走った。その時ペースは1秒速かったんだ。我々が望めば、他のマシンにより近づける可能性がある」

「しかし、その時は訪れつつある。とても良いよ。我々はすべてのレースに、幾らかの開発を持ち込み続ける。マクラーレンとホンダの双方で、多大な努力をしている。見通しは良い。我々は少しずつ近づいている」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 スペインGP
サーキット サーキット・デ・バルセロナ-カタルーニャ
チーム McLaren
記事タイプ 速報ニュース