マクラーレン、上級エンジニアの移籍をめぐり、メルセデスと法廷闘争に?

マクラーレンは、スタッフの移籍に関する問題で、メルセデスに対し法的措置を取るべく準備を進めているという。

 マクラーレンは、ホンダとの新時代においてチーム力を強化するため、スタッフのリクルート活動を積極的に行っている。その中のキーパーソンのひとりは、メルセデスのビークルダイナミクスのトップである、ロイック・セラだったようだ。

 マクラーレンはセラがチームに参加することについて拘束力のある契約を締結したと信じているが、結局は移籍せず、メルセデスの残ることになったようだ。

 そのため、マクラーレンとメルセデスの間には、論争が巻き起こっているという。マクラーレンは、拘束力のある契約を結んだにもかかわらず、メルセデスはセラがその契約を破棄するよう誘惑したと疑っているのだ。

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、この問題についてのコメントを避けた。しかし、セラがメルセデスに残ることだけは認めている。

 一方、マクラーレンの広報担当者は、次のように語った。

「本件は法的手続きの対象であるため、その過程が完了するまで、コメントは差し控える」

 セラは、BMWザウバーのビークルパフォーマンスの責任者を2006年から2010年まで務め、その後メルセデスに移籍し、ビークルエンジニアリングのチーフエンジニアを務めた。そして、2013年にビークルダイナミクスのトップに昇進している。

以前のケースは?

 上級スタッフの移籍については、これまでにも問題になったケースが何度かある。最近の例で言えば、2014年にもマクラーレンが、レッドブルを相手取って法的手段に訴えている。

 当時マクラーレンは、レッドブルに在籍していたエアロダイナミキストのダン・ファローズとの、拘束力ある契約を締結したと信じていた。しかしファローズは、レッドブルに残ることを決めた。

 マクラーレンは、レッドブルがファローズの契約を破棄するために行動したと感じ、法的手段に講じたわけだが、最終的にはロン・デニスとクリスチャン・ホーナーが対話し、法廷に持ち込まれることなく解決に至っている。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム McLaren , Mercedes
記事タイプ 速報ニュース
タグ loic serra