マグヌッセン炎上の一方で、パーマーは『今年ベストな金曜日』

パーマーは、今回のマレーシアGPがF1で”ベスト”な金曜日だったと語った。

 ルノーのマシンに合っていないと思われる、スパやモンツァのような長いストレートや、シンガポールのようなバンプがあるトラックで、難しいレースを戦った後、ジョリオン・パーマーはフリー走行2回目で12番手タイムを記録したことから、楽観的になっている。

「いい日だったと思うよ」とパーマーは語った。

「朝のセッションはそんなに良くなかったけど、午後はわずかに変更を加えたら、全てにおいてかなりパフォーマンスが良くなった。マシンのフィーリングは良いよ」

「ここでは、僕らはすごく競争力があると思うし、正直に言えば、フィーリングの良さから言って、今年これまででベストな金曜日だ」

夏の間に進歩を遂げたと語るパーマー

 ルノーは、夏休みの前にハンドリングの改善を狙って、サスペンションのコンセプトを変更した。パーマーは、最近のトラックの性質のせいで進歩が隠されていたと語った。

「この結果は、夏休みの間に遂げた進歩のおかげだ。スパではできることをやっていたと思うんだ」と彼は語った。

「けどスパでの問題は、ふたつのロングストレートがあったことだ。ここではスパと似たような、中高速のコーナーがあるけど、スパのような長いストレートはないよね」

「だから当然、ここはより僕たちにあっている。ここはスパとブダペストの間くらいだ。これは進歩の結果なんだよ。シンガポールでも見せられると思ったんだけど、僕たちはみんな、あそこのばかばかしいほどのバンプを忘れていたよ」

「スパやモンツァでは、パワーが不足していたことが問題だったけど、シンガポールでは、ドライブするために多くのものが欠けていた。だからサマーブレイクの前の、ヨーロッパのようなサーキットに戻ってこられていなかった。これが最初だ。鈴鹿も同じように進歩を示せる場所だろう」

 楽観的になっているパーマーだが、Q3に進出するにはペースが足りないと予測している。

 土曜日に何ができるかとパーマーに尋ねると「間違いなくQ2は狙える。Q2だと言っておこう。明らかにQ2に進出できるように思えるので、できることを確実にやる必要がある」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 マレーシアGP
サーキット セパン・インターナショナル・サーキット
ドライバー Jolyon Palmer
チーム Renault F1 Team
記事タイプ 速報ニュース