マノー、ザウバーの前を狙う。ウェーレインも期待

パスカル・ウェーレインは、スペインGPで投入されるウイング及びフロアのアップデートにより、マノーのマシンがザウバーのマシンを超えることができると期待している。

 チームのシーズン序盤の進歩に影響を与えたタイヤデグラデーションの問題に焦点が当たっている間、ウェーレインはバルセロナのイベントから、良好の機会を感知している。

 巨額な資金を持っているライバルは、ヨーロッパラウンドの開始と同時に大きなアップデートを持ち込む。マノーはそれほど潤沢な資金を持ってはいないものの、ウェーレインはまだ改善できる余地があると考えている。

 彼は、今週末に投入される前後のウイング及びフロアなどの空力アップデートにより、彼らの主なライバルであるザウバーを引き離すことができると期待している。ただ、ザウバーは今週末、フェラーリパワーユニットのアップデートを手にする予定だ。

「僕らはバルセロナに、幾つかの小さいアップデートを持ち込む予定だ」と、ウェーレインは先週末にホッケンハイムで行われたDTMの際に語った。

「僕らはその一歩を踏み出すことで、タイヤが上手く機能するようになることを願っている。この数戦、僕らはザウバーと戦った。そして今度は、彼らの前に出られるといいね」

 ルノーがロシアGPで7位入賞を果たしたため、マノーとザウバーは、まだ今季入賞を果たせていない数少ないチームとなってしまった。

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 スペインGP
サーキット サーキット・デ・バルセロナ-カタルーニャ
ドライバー Pascal Wehrlein
チーム マノー
記事タイプ 速報ニュース