メルセデス PU使用チームは燃料搭載量の増加に反対

メルセデスのトト・ウォルフは、メルセデス製パワーユニットを使用する4チームが、2017年の燃料搭載量増加に対し反対票を投じたことを明らかにした。

 メルセデスF1チーム代表のトト・ウォルフは、大多数のチームが賛同票を入れて決定した2017年の燃料搭載量増加案に対し、メルセデス・エンジンを使用する4チームが反対票を投じたことを認めた。

 来季の燃料搭載量は現行の100kgから105kgに増加されることが決まったが、メルセデス、ウイリアムズ、フォースインディア、マノーの4チームは、F1の環境対応を理由に反対票を入れたと話した。しかしライバルチームは、メルセデスは戦闘力に影響が出ることを心配しての反対だと疑っている。

 それに対して、ウォルフは次のように言っている。

「ミーティングでは、ウイリアムズのクレア・ウイリアムズが、世界中が排ガス量の削減に注視している点を指摘した」と、ウルフは言う。「搭載燃料を100kgから105kgに増やすことは、その流れに反するということで我々4チームは反対したのだ」

「スポーツとして必要であっても、我々は反対だと言うことが正しいと考え、反対した。反対は我々4チームだけで負けることは分かっていたが、我々は考えを曲げることは出来なかった」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム Mercedes
記事タイプ 速報ニュース