メルセデス、チームオーダーの発令を先送り。自由にレースを

ハミルトンとロズベルグは、今後のレースでも自由に戦えることが、木曜日にメルセデスのファクトリーで行われた首脳陣の会議で決定された。

 メルセデスは、オーストリアGP決勝最終ラップで発生したルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグのクラッシュにより、チームオーダーの発令を検討していることを明らかにしていた。しかし、最終的にはこのような拘束が、ふたりのドライバーには課せられないことを、チームは決定した。

 メルセデスのふたりのドライバー、そしてチーム代表のトト・ウルフとパディ・ロウの4人による会合の後、ふたりは今後もタイトル獲得に向けた戦いを自由に行うことができることを明かした。しかしふたりは、契約によって定められた厳しい規則に沿って行動する必要があることが、改めて確認された。

 チームは声明により、以下のように明かしている。

「この”自由”には、それぞれのドライバーの”義務”が付属している。俺は、チームの価値観を尊重するためだ」

「過去5レースで我々は、コンストラクターズ選手権で50ポイントも失ってしまっている。したがって我々は、2台のマシンが接触することのないよう、大きな抑止力を含む形でルールを強化した」

「トラック上での状況管理については、我々のドライバーを信用する。彼らの運命は、それぞれの手に握られている」

 しかしメルセデスは、その抑止力が何であるのかを説明していない。再び彼らが接触した場合、チーム内で何らかの罰則が課される可能性がある。

チームオーダー発令の可能性は残る

 チームオーダーの導入を除外したにもかかわらず、メルセデスはコンストラクターズタイトルを確保するため、今後の手順については様々な可能性を残している。もし再びハミルトンとロズベルグが接触するようなことがあれば、再びチームオーダーの導入が検討されることもあると述べている。

「我々のドライバーたちは、コンストラクターズポイントの損失を防ぐため、チームはレース中に命令を発することができる。ちょうど、モナコGPでニコに対して、ルイスを先行させるよう指示したように」

「ドライバーたちが契約の改訂規則を遵守しなかった場合、我々は最後の解決策として、チームオーダーを課すことができる」

契約への影響

 メルセデスはロズベルグとの間で、契約を2年延長することを検討している(ロズベルグの現在の契約は、今季末で切れる予定)。チームは現在のペアが、今のF1で最強のコンビだと確信、その信頼性を改めて表明した。

「我々は、ルイスとニコが現在のF1で可能な最高のコンビだということを、改めて確認した」

「我々は2013年以来、43の勝利を挙げ、81回も表彰台に登った。そして、2回のダブルタイトルも獲得したんだ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 イギリスGP
サーキット シルバーストン
ドライバー Lewis Hamilton , Nico Rosberg
チーム Mercedes
記事タイプ 速報ニュース