メルセデスの2台には、回生システムの問題が発生していた

メルセデスのトト・ウルフは、メルセデスの2台のマシンに、回生システムのトラブルが発生していたことを明かした。

 ヨーロッパGPのレース中、メルセデスの2台のマシンには、回生システムのトラブルが発生していたという。ニコ・ロズベルグはほんの数周でトラブルを回避することに成功したが、チームメイトのルイス・ハミルトンは、レース終盤の大部分で、フルパワーを得ることに苦労した。

「我々は両方のマシンに問題を抱えていた」

 そう語るのは、メルセデスのトト・ウルフである。

「これはスイッチの設定の問題だった。ルイスはその問題に少し早く襲われた。ニコは数周後だったんだ」

「ダッシュボードの上にあるスイッチを変更する必要があったんだ。しかし、レギュレーションによって、これをドライバーに指示することができない。これは多少の混乱を引き起こした。そして、ルイスのマシンをリセットするのには、時間がかかったんだ」

「ニコは、少し幸運な状況だった。彼は、以前スイッチを操作したことがあったからね。彼はほんの数周でその設定を基本的なものに戻したんだ」

ハミルトンは問題によって困惑

 ハミルトンは問題を解決する方法を「考え付かなかった」と認めている。これにより彼は、5位より上に上がるチャンスを失ってしまった。

「解決法は分からなかったんだ」とハミルトンは語る。

「16の異なるエンジンモードがあるんだ。そしてそれぞれに、20くらいの設定がある。だから、僕は何の問題なのか、全くわからなかった。パワーが低下しただけだ」

 彼は8周でレースペースを取り戻したが、どうやったのかと問われたハミルトンは、次のように答えた。

「僕は何もしてないよ。勝手に直ったんだ」

 ハミルトンはさらに、もう前を行くマシンを追うチャンスはないと考え、最後にはエンジンの出力を下げたことを認めた。

「残り7〜8周くらいのところで、前方のマシンはもう14秒も先だったんだ。そして、後方のマシンは10〜12秒後ろだった」とハミルトンは言う。

「だから、僕はエンジンを守ろうと思ったんだ。僕はもう、みんなと同じだけの数のエンジンを持っていないことを思い出したんだ。このエンジンをできるだけ長く使えるようにね」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ヨーロッパGP
サーキット バクー市街地
ドライバー Lewis Hamilton
チーム Mercedes
記事タイプ 速報ニュース