「メルセデスのチームオーダーはF1に悪影響」とクリスチャン・ホーナー

メルセデスが同士討ちを避けるためにチームオーダーを出せば、F1にとって悪影響だとレッドブルのクリスチャン・ホーナーは考える。

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、オーストリアGP決勝レースの最終ラップで起きたルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグの同士討ちを受け、今後再び同様の事件が起こらないようにするため、チームオーダーの発令も視野に入れ、検討していることを語っている。

 しかし、レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、そのような動きはF1にとって悪影響を及ぼすと危惧している。

「私は、彼らはコース上で十分なマージンを持っていると思う。にもかかわらず、なぜ彼らはチームオーダーなんて検討する必要があるんだ?」

 ホーナーは現在の状況についてどう考えるかという質問を受けた際、motorsport.comに対して語った。

「私は、今回のようなことがF1への関心を生み出すと思う。友人関係ではないチームメイトを持つことは、F1にとってとてもいいことだ」

戦う男たち

 ホーナーは、ふたりの激しい男がタイトルを争って戦う時、起こり得るトラブルについて熟知している。レッドブルがセバスチャン・ベッテルとマーク・ウェーバーを擁していた時、ホーナーは現在のメルセデス同様の苦難を経験した。

「もちろん、すごく難しいことだ。ほとんどの連中が、自分をチームプレイヤーだと言う。彼らはチームから仕事を請け負ってるわけだからね。しかし1日の終わりには、自分のために戦うことになるんだ」

「彼らは、モータースポーツにおける最高の名誉のために走っている。だから必然的に、その日の最後には、彼らにとって”正しい”ことをするんだ」

理不尽な状況

 しかしホーナーは、ハミルトンとロズベルグの間に起きていることの大きさが意味するのは、彼らのペアがこの先共に仕事を続けていくことについての疑問だと示唆する。

「メルセデスを長期的に見れば、チームとして今のペアをどのくらい継続することができるだろうか?」

「彼らが置かれた状況、そして競争力及び彼らのパフォーマンスの近さを見ると、今回のような問題は特定のレースでだけ起きるような問題ではない」

「しかし、それはこのスポーツの魅力的な要素でもある。素晴らしい性能のクルマを持つ時、頭と頭を突き合わせて戦う男たちを見るのは、素晴らしいことだ。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム Mercedes , Red Bull Racing
記事タイプ 速報ニュース