モナコGPフリー走行2回目:新PU効果か? レッドブルのリカルドが最速

モナコGPのフリー走行2回目が行われ、レッドブルのダニエル・リカルドがトップタイムを記録した。

 モナコGPのフリー走行2回目。1回目の終盤にニコ・ロズベルグとジェンソン・バトンのマシンにダメージを負わせた排水口の蓋は完全に溶接され、問題なしとして予定通りのスケジュールでセッションがスタートした。

 セッション序盤にトップタイムを記録したのは、ハースの2台である。ロマン・グロージャンとエステバン・グティエレスはウルトラソフトを履き、1分17秒台を記録する。

 ただ、グロージャンは早速この難しいモンテカルロ市街地コースの洗礼を受ける。グロージャンはトンネル出口〜ヌーベルシケインの間で姿勢を乱し、ハーフスピンの状態で右側のウォールにクラッシュ。フロントウイングを破損してしまう。

 上位チームのマシンも、続々とアタック。やはり速いのはメルセデスで、ロズベルグが1分16秒694でトップタイムを記録する。履いたのはスーパーソフトタイヤだ。この直後、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)もアタックしたが、同じタイヤにもかかわらず、ロズベルグに0.3秒差まで詰め寄っている。

 このロズベルグのタイムを超えたのはルイス・ハミルトンで、1分15秒489。これでトップに立つ。

 しかし、新パワーユニットの効果もあったのか、次第に速さを見せはじめたのがレッドブル勢。ダニエル・リカルドはまずウルトラソフトタイヤを履き、1分15秒015でトップに浮上。さらに2セット目のウルトラソフトで1分14秒607を記録し、この座を堅持する。このタイムは、同タイミングでウルトラソフトを履いたメルセデス勢をもってしても、なかなか追いつけない。マックス・フェルスタッペンは、アタックの度にトラフィックに悩まされたが、4番手につけている。

 このフェルスタッペンのアタックを邪魔してしまう格好になったのは、フェラーリのセバスチャン・ベッテルである。ベッテルはミラボーでスピン。アウト側のウォールに、マシンのリヤを当ててしまう。大破はしなかったものの、ダメージ確認のため、ピットに戻っている。今回のフェラーリは、キミ・ライコネンも含めてなかなかタイムが上がってこず、苦しんでいるように見える。

 レッドブル、メルセデスに次いで速さを見せているのはトロロッソ勢。ダニール・クビアトが5番手、カルロス・サインツJr.が6番手。バルセロナでは大きく遅れをとってしまったクビアトだが、今回はマシンに慣れたのか、チームメイト同様のタイムを記録している。

 その後方はフォースインディアとマクラーレンの混戦。そしてフェラーリも、もしかしたらこの集団にいるのかもしれない。

 セッション残り30分というところから、各車がロングランを実施する。しかし、最終コーナー”アントニー・ノゲス”で、ルノーのケビン・マグヌッセンがクラッシュ。低速の、それほどクラッシュの多くないコーナーでの事故であり、実に不可解だ。ベッテルも1コーナーの立ち上がりで、左リヤをウォールにヒットさせている。

 なお各車のロングランでは、例えばウルトラソフトを履いたリカルドは、次第にペースを下げていく傾向を示していた。これは、このタイヤが比較的デグラデーションが大きいことを示していると思われる。逆にソフトやスーパーソフトのペースは悪くなく、その上デグラデーションも少なく、決勝でも十分出番があるものとみられる。ただウルトラソフトは一度ペースが落ちた後、再びラップタイムが戻ってくる傾向も見て取れ、判断が難しい。各陣営どんな戦略を採るのがベストなのか、非常に頭を悩ませることになりそうだ。細かい分析は、後ほどお知らせする。

 結局、レッドブルのリカルドがトップタイム。以下ハミルトン、ロズベルグ、フェルスタッペン、クビアト、サインツと続き、フェラーリはライコネンが7番手、ベッテルが9番手、マクラーレンはバトンが10番手、アロンソが12番手となっている。いつものレースとは少し違う、そんな勢力図になっているようだ。

F1モナコGP フリー走行2回目結果:

PosDriverTeamTimeGapLaps
1 AustraliaDaniel Ricciardo  AustriaRed Bull Racing 1:14.607   40
2 United KingdomLewis Hamilton  GermanyMercedes 1:15.213 +0.606 36
3 GermanyNico Rosberg  GermanyMercedes 1:15.506 +0.899 48
4 NetherlandsMax Verstappen  AustriaRed Bull Racing 1:15.571 +0.964 42
5 RussiaDaniil Kvyat  ItalyToro Rosso 1:15.815 +1.208 53
6 SpainCarlos Sainz Jr.  ItalyToro Rosso 1:15.981 +1.374 54
7 FinlandKimi Raikkonen  ItalyFerrari 1:16.040 +1.433 38
8 MexicoSergio Perez  IndiaForce India 1:16.120 +1.513 48
9 GermanySebastian Vettel  ItalyFerrari 1:16.269 +1.662 40
10 United KingdomJenson Button  United KingdomMcLaren 1:16.325 +1.718 46
11 GermanyNico Hulkenberg  IndiaForce India 1:16.487 +1.880 49
12 SpainFernando Alonso  United KingdomMcLaren 1:16.723 +2.116 43
13 MexicoEsteban Gutierrez  United StatesHaas F1 Team 1:16.782 +2.175 40
14 FinlandValtteri Bottas  United KingdomWilliams 1:16.849 +2.242 47
15 FranceRomain Grosjean  United StatesHaas F1 Team 1:16.874 +2.267 23
16 BrazilFelipe Massa  United KingdomWilliams 1:17.286 +2.679 42
17 DenmarkKevin Magnussen  FranceRenault F1 Team 1:17.530 +2.923 29
18 SwedenMarcus Ericsson  SwitzerlandSauber 1:17.562 +2.955 39
19 United KingdomJolyon Palmer  FranceRenault F1 Team 1:17.761 +3.154 24
20 BrazilFelipe Nasr  SwitzerlandSauber 1:17.999 +3.392 49
21 IndonesiaRio Haryanto  United KingdomManor Racing 1:18.647 +4.040 10
22 GermanyPascal Wehrlein  United KingdomManor Racing 1:18.814 +4.207 46

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 モナコGP
サブイベント 木曜日 practice 2
サーキット モンテカルロ
ドライバー Daniel Ricciardo
記事タイプ フリー走行レポート