ライコネン、速さに自信も信頼性の回復を望む

キミ・ライコネンは、今季のフェラーリについて速さには満足しているものの、信頼性の面ではまだまだやるべきことがあると発言している。

 メルセデスAMGのニコ・ロズベルグがオーストラリア、バーレーンと連勝してスタートした2016年シーズン。しかしライコネンは、今季のフェラーリの速さには、明るい部分がたくさんあると考えている。

 しかし、オーストラリアでのライコネンのトラブル、そしてセバスチャン・ベッテルがバーレーンで見舞われたトラブルを見る限り、メルセデスAMGに対峙するためには、信頼性の面でまだまだ作業が必要だと語った。

「チームが冬の間に組み立てたものは、とてもポジティブだと思う」ライコネンは語る。

「チームにとっては理想的な2レースじゃなかった。確かに我々は、2戦連続で表彰台を獲得した。しかし、無得点も同じようにあり、それは我々が望んだ結果ではない」

「信頼性の面では、まだやるべきことがある。しかし、この前のレースの予選で見せたように、スピード面は良いよ」

フェラーリは、まだ望んだ位置にはいない

 ライコネンはまだ望んでいる位置にはいないものの、今季のフェラーリのパッケージからは、ポジティブな面を引き出せると感じている。

「良い面は持っているけど、それを改善し、より良いモノにしていかなければならない」

「マシンはすべての面で改善された。新しいこと、それはチームワークだ。そのチームワークが、より良いパッケージをもたらしている」

「何かがあれば、僕はより多くを望む。我々は、より良く、そしてより速いマシンを好む。昨年何が起こったのかを我々は理解しているし、より改善することに挑戦する」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 中国GP
サーキット 上海国際サーキット
ドライバー Kimi Raikkonen
チーム Ferrari
記事タイプ 速報ニュース