リカルド、アップグレード版パワーユニットをモナコで使用

レッドブルは、今週末のモナコGPで、ダニエル・リカルドにアップグレード版パワーユニットを使わせることを決めた。

 アップグレード版のルノー製パワーユニットは、先週のバルセロナテストで試され、1周あたり0.5秒ラップタイムを縮めることができる、潜在的能力があると推定されている。ただ、当初はカナダGPでの投入が予定されていたが、チーム側の希望もあり、1戦前倒しで投入することになった。

 とはいえ時間的な問題もあり、ルノーが用意できたのは2基のみ。この2基をレッドブルに1基、ルノーに1基供給することになった。

 そのためレッドブルは、リカルドにアップグレード版のパワーユニットを使わせることを決めた。一方、チームメイトのマックス・フェルスタッペンは、モナコでパフォーマンス不足に見舞われるかもしれない。

マグヌッセンもアップグレード版PUを獲得

 ルノーの方は、ケビン・マグヌッセンにアップグレード版パワーユニットを使わせることを決めた。そのため、ジョリオン・パーマーはモナコで従来型のパワーユニットを使わねばならない。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 モナコGP
サーキット モンテカルロ
ドライバー Daniel Ricciardo
チーム Red Bull Racing
記事タイプ 速報ニュース