レッドブル+アストンのハイパーカー発表。リカルド、テストドライブを志願

ダニエル・リカルドは、アストンマーチンとレッドブルが共同開発したハイパーカー”AM-RB 001”のテストを担当したいと語った。

 アストンマーチンとレッドブル・レーシングが共同開発したハイパーカー”AM-RB 001”は、欧州時間の7月5日に正式発表された。

 このAM-RB 001は、エイドリアン・ニューエイがデザインしたマシンだ。そしてダニエル・リカルドは、このオンロードテストを担当したいと志願した。

 開発チームの一員であるのかと聞かれたリカルドは、「僕はそう願っているよ」と語る。

「このクルマを見るのは、今日が初めてなんだ。僕はスケッチの段階のモノを幾つか見たけど、今見ている実車は、そのスケッチに本当に近いよ」

「僕はとても興奮しているよ。できれば、開発に参加してみたいね。でも、僕は未だこのクルマがロードゴーイングカーであるようには見えない。素晴らしいレースカーみたいだよね」

 リカルドは自身の契約延長に当たって、このAM-RB 001をもらえるという条項を設けることを狙っていたと、冗談めかして言う。

「もちろん、タダで欲しいなと思っていた。しかし最後には、タイヤについては僕が自分で払わなきゃいけないということになった。まぁ、それでも十分だけどね」

空力パーツの働きを感じるシルバーストン

 リカルドは失望のうちに終わったオーストリアの後、イギリスGPで巻き返すのを楽しみにしているという。特にシルバーストンは、彼のお気に入りのサーキットのひとつである。

「僕は連戦が大好きだ。そして、事を始めるのも好きだ」とリカルドは言う。

「僕らはオーストリアから移動してきたところだ。日曜日には、自分が期待していた結果を全く得る事が出来なかったように感じる。でも、7日以内に別のチャンスがある。それが僕がただ必要としていることだ」

「シルバーストンは、個人的には常に好きなサーキットなんだ。僕は高速コーナーを愛している。レッドブルのマシンに乗ってからは特にね。レーシングカーのエアロパーツが働いているのを、感じ取ることができるんだ。そして、チームの働きの本当の成果を得ることができる場所だ。とても楽しみにしてるよ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1 , Automotive
ドライバー Daniel Ricciardo
チーム Red Bull Racing
記事タイプ 速報ニュース