レッドブル「フェラーリに勝てるとは期待していなかった」

グリッド2列目を独占したレッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、予選でフェラーリに勝つことができるとは考えていなかったと語る。

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、マレーシアGPの予選でフェラーリを上回ることを、期待していなかったと認める。

 レッドブルは、マックス・フェルスタッペンが3位、ダニエル・リカルドが4位と、セカンドロウを独占した。この結果によりホーナーは、メルセデスへの挑戦権を獲得できたと考えている。

「我々の予想以上だったね。昨日のセッションでは、フェラーリはショートランが非常に強く見えたんだ」

 ホーナーはそうmotorsport.comに対して語った。

「ふたりのドライバーは、すごいラップをバッチリ決めたんだ。メルセデスは手のとどかないところにいたけど、2列目を独占する、素晴らしいパフォーマンスだった」

「我々は、このグランプリがフェラーリが強いレースのひとつだと考えていた。彼らは、昨年のここで、勝利を収めているんだからね。だからこの結果は想像以上だ。うまくいけば、我々は明日のレースでも強さを見せることができるだろう」

 レッドブルはここ最近のレースで、他とは異なる戦略を選ぶことが多かった。しかし、マレーシアGPでは他のトップチームと同様ソフトタイヤで挑み、そしてそのタイヤでレーススタートを迎えることを選んだ。

「我々は良いスタートをする必要がある。そしてその後、ポジションをキープしなければならない」

「最初のピットストップでどのタイヤを履くのか、戦略的に興味深いグランプリになるだろう。今日よりは涼しいだろうけど、明日も暖かいだろう。そのバランスを見つけるためにね」

「ダニエルがFP3で、決勝スタート時刻に近いタイミングに合わせてロングランをしたのは、それが理由だ。そして、我々はいくつかの興味深いデータを得ることができた。我々が持っているタイヤは似ている。だから、最初のピットストップで何を見るのかは、とても興味深いよ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 マレーシアGP
サーキット セパン・インターナショナル・サーキット
ドライバー Daniel Ricciardo , Kimi Raikkonen , Max Verstappen , Sebastian Vettel
チーム Ferrari , Red Bull Racing
記事タイプ 速報ニュース