レッドブル「モナコでのミスでフェルスタッペンに”警告”はない」

レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、フェルフタッペンに対しモナコの成績で警告することはないと明かしている。

 スペインGPで劇的な勝利を挙げた後、モナコに挑んだフェルスタッペンは、非常に困難な週末を過ごし、予選と決勝でクラッシュしてマシンを大破させた。

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、今回のような困難な時期は、すべての若者が通過しなければならない、学習プロセスのホンの一部であると考えている。

「彼はレース前半、非常に強力だった」とホーナーは説明する。

「彼は素晴らしいオーバーテイクを成功させ、10番手まで着実に上がっていった」

「彼はそう遠くない前方に、ニコ・ロズベルグを見たんだ。それで、プッシュした。しかしながら、難しいコンディションが、坂を登りきったところで彼を捕えた。彼がクラッシュしたのは、この週末この1回だけではない」

「彼が2週間前にみせたのとは、対照的な週末だった。しかし、彼はまだ学んでいる途中なんだと私は思っている」

「今見ることができるのは、非常に印象的な部分だけだと思う。そして、彼はまだ学ぶことができるだろう。そして、彼は同じ過ちを来年は起こさないと思う」

まだ成長中

 ホーナーは、モナコでフェルスタッペンがクラッシュした原因のひとつが、彼にはダニエル・リカルドに渡された新型パワーユニットが提供されていなかったため、その分余計にハードに攻める必要があった結果、引き起こされたことであるという推測も否定している。

「私は、それが彼の今週末の要因だったとは思わない」

「彼は土曜日に起こったことについて、非常に気にしていた」とホーナーは語る。

「彼はチームに対して謝罪した。そして彼は明るく、聡明なキャラクターだ」

「彼はクルマに乗る。そしてこの週末には事件が起こった。そして、彼は間違いなく前進し、そしてそこから学ぶことができるだろう」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 モナコGP
サーキット モンテカルロ
ドライバー Max Verstappen
チーム Red Bull Racing
記事タイプ 速報ニュース