レッドブルとの2018年までの契約が公表され、リカルドは「満足」

ダニエル・リカルドは、レッドブルのマネジメント陣が彼とレッドブルの契約が2018年まで残っていることを公表したことを歓迎。その期日までチームに残ることを確認した。

 ダニエル・リカルドはここ数カ月の間、他のチーム、特にフェラーリへの移籍が噂されていた。しかし彼の現在の契約は、レッドブルに在籍し続けることを意味する内容であった。

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーと、レーシングアドバイザーであるヘルムート・マルコは、カナダGPの際、周囲の噂を一蹴するために、リカルドとの契約が2年間残っていることを公表していた。

 自身の将来について不安があったかどうか、motorsport.comに尋ねられたリカルドは、レッドブルと将来を共にすることを十分に認識していたと語った。そして、マルコとホーナーが公に発言したことを歓迎している。

「考え方はバラバラだったと、僕は推測している」とリカルドは語る。

「ヘルムートはいくつかのコメントをした。それは良いことだ。彼が言ったことは、彼が僕を好きだということを意味している。この数日は、語るも厳しい日々だったよ」

「正直に言えば、チームは僕とマックスというラインアップをにとても満足している。このラインアップは、とても安定していると言うことができる」

 レッドブルは、2017年のラインアップを確定させたチームのひとつである。マックス・フェルスタッペンは、スペインGPの前にレッドブルに移籍した際、契約の延長も締結している。

 メルセデスは、ルイス・ハミルトンのチームメイトとして、ニコ・ロズベルグとの契約を継続するものとみられている。一方のフェラーリは、セバスチャン・ベッテルのチームメイトとして、キミ・ライコネンとの契約を継続するかどうか、検討している最中であるとみられている。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Daniel Ricciardo
チーム Red Bull Racing
記事タイプ 速報ニュース