ロス・ブラウン「フェラーリからの正式なオファーはない」

フェラーリ復帰が噂されていたロス・ブラウンは、フェラーリから正式なオファーはなく、今のところF1に復帰するつもりもないと語った。

 ロス・ブラウンは、2013年限りでメルセデスを離れた後、彼の長年の趣味である釣りを楽しんでいる。しかし、正しい機会がやってきた場合には、モータースポーツの世界に復帰する可能性は排除しないという。彼はまだ61歳である。

「私はフェラーリからは何の連絡も受けていない。なのでこの話がどこから出ているのか分からないね」とブラウンはmotorsport.comに対して語った。

「私は提案を受け取っていない。だから、ノーと言ったこともないよ」

「私はF1に復帰する計画はまだない。今私がやっていることよりも、興奮できるようなことはまだないんだ」

「今の生活はスムースだし、バランスが取れている。しかし興奮がピークに達するようなことがないんだ。レースはそれを私に与えてくれる。そのいくつかは、休息の補償なしで生きることができるものだ」

「ただ、私が再びライフスタイルを変えたいと思うようなことは、まだない。このケースもそうだ」

 しかしブラウンは、適切な状況があれば、誘惑されてしまう可能性があることを認める。

「率直に言って、それがどうなるのかは分からない。私の人生は、かなり忙しい。そして、私は予備となりそうな日を持っていないくらいだ」

「数年前、ロン・デニスと話をしたんだ。退屈になったらどうするかということについてね。彼は、彼にはそれが起きたと言った。彼はポジションから自由になった後、ゴルフコースに出たんだ」

「彼はボールをティーアップしようとした。その時、彼は思ったんだ。『私はゴルフをするより、もっと働いた方が楽しい。だから、私は仕事に復帰するんだ』とね。彼はその点に到達したのだと、私は理解している」

「私は、釣りを楽しむよりも、仕事のある一部を楽しむ。しかし、その全てが楽しいわけじゃない。それは楽しみを求めるために支払う代償なんだけど、常に自宅から離れて旅を続けるのは、ちょっと高すぎるからね」

「そういうわけで、支払う価値のある何かが訪れれば、それは興味深いだろう。しかし、それが何かは分からない。何の考えもないよ。そして、何かを探してもいないんだ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム Ferrari
記事タイプ 速報ニュース