ロズベルグ「できるだけ長くメルセデスに残る」

ポイントリーダーのニコ・ロズベルグは、まだ正式な契約を交わしていないにもかかわらず、”より多くの年”をメルセデスに滞在する予定だとしている。

 ここ最近、ロズベルグはキミ・ライコネンに変わり、来季からフェラーリのシートに収まるのではないかという噂が、実しやかに囁かれていた。しかしロズベルグは、移籍するつもりがないことが、明らかになった。

 ロズベルグは、今はチャンピオンシップに集中する時であり、来季の契約を急ぐつもえりはないとしている。

「それは、僕が考えている一番重要なことではないよ」とロズベルグはモナコで語った。

「僕が言ったように、それは週末の前だからとか、週末が終わった後だから、というようなことではないよ。だから、僕はその答えを繰り返すことになる」

「僕はメルセデスに満足しているし、メルセデスも僕に満足している。だから、僕はここに長年いることになると確信しているよ」

 レース中のペースに苦労したロズベルグは、最終的に7位でフィニッシュ。彼は厳しいモナコGPを耐え抜いた。

 シーズン最初の4レースに勝利したロズベルグは、厳しいレースが訪れる準備ができていたと主張する。そして、カナダGPには立ち直ることができるはずと、期待を寄せている。

「最悪な日があった。そして、将来的にはもっと悪い日もあるだろう」と彼は言う。

「レースにおいて、浮き沈みというのは常にある。そして、僕は沈む日が来るのにも準備ができていた。なぜなら、すべてのレースに勝つなんてことを、期待していなかったからだ」

「バルセロナ以降のケースはそうではなかった。しかし、僕は沈む時のための準備ができていたし、それをナビゲートし、そして立ち直ることができるだろう」

「僕はまだ、整理する過程の中にいる。しかし明日からは、モントリオールのためにすべてを賭け、そしてそこで勝利を挙げるために再び戦わなければならない」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Nico Rosberg
チーム Mercedes
記事タイプ 速報ニュース