ロズベルグ、スパでハロのテストを実施

メルセデスのニコ・ロズベルグは、ベルギーGPのフリー走行でハロのテストを行うと明らかにした。

 F1チームは、コックピットを保護するシステムの導入を2018年まで延期することをサマーブレイク前に決定したが、今シーズン、ハロのコンセプトを評価し続けていくことには賛成している。

 FIAはこの問題を深く理解するためには、今年中に全てのチームにハロを試用して欲しいと考えており、まずはメルセデスが今回新たにテストを行い、そのフィードバックを担う役目を果たす。

 ベルギーGPの金曜日、フリー走行でニコ・ロズベルグのマシンにハロを装着することが計画されているが、現段階では、どれくらいの周回を重ねるかはわかっていない。

 ハロを装着した際、視界が制限されてしまうという最大の問題は、高低差の大きいオー・ルージュのようなコーナーでどのように影響してくるのか? この点については、ハロを試したピエール・ガスリーも疑問符をつけている。

 様々なフィードバックを得るため、今週末のベルギーGPでは、少なくとももう1チームにハロをつけて走行して欲しいとFIA考えている。フェラーリとレッドブルはすでにハロのテストを行っているが、他のチームがテストをするかどうかは不明である。

 なお、マクラーレンもハロを装着してテストを行うことをすでに決定しており、今後いずれかのグランプリでテストをする予定だ。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ベルギーGP
サーキット スパ・フランコルシャン
ドライバー Nico Rosberg
チーム Mercedes
記事タイプ 速報ニュース