批判に反論するフェルスタッペン「僕はレースを台無しにされた」

フェラーリのふたりはベルギーGPの1コーナーでの接触に関して、フェルスタッペンを批判するが、彼は逆に責任はベッテルにあると断言する。

 スパ・フランコルシャンで行われたベルギーGPのレース後、マックス・フェルスタッペンのアグレッシブなディフェンスは大きな議論の的になっている。キミ・ライコネンは、彼がドライビングスタイルを変えない限り、大きなアクシデントが起こる可能性があると懸念を示している。

 だが、フェルスタッペンはこのような指摘、特にスタートから数秒で接触したライコネンやセバスチャン・ベッテルの発言を意に介していない。

「彼らのような経験のあるドライバーが、あんなクラッシュを引き起こした後僕に文句を言うなんて、彼らは恥を感じるべきだと思っている」と挑発的にフェルスタッペンは語った。

「彼らは後から騒ぎ立てる必要なんてない。彼らは、僕がレースを台無しにされてハッピーじゃないってことを理解する必要がある」

 フェルスタッペンは、ターン1でのインシデントについて、非難されるべきはベッテルだと思っていると明らかにした。

「3台のマシンにはスペースがあった」と彼は語った。「キミの隣に行った時、彼は僕に寄せ始めたんだ。もしベッテルがターンインして来ないで、左側にもう1メートルのスペースがあったら僕らはみんな通過できたんだ」

「リプレイを見れば、ベッテルがターンインしてきた時、彼がライコネンに突っ込んできたのが明らかだよね。それでキミのマシンが僕にぶつかってきたんだ」

「彼らが僕のレースを台無しにしたら、彼らに優しくなんてするわけがない」と彼は語る。

「彼らはそれを理解するべきだと思うよ」

「『かかってこい』って言ってるわけじゃない。だけど全部ターン1の後に起こったことだ。もしターン1でインシデントが起こらなかったら、そんなに攻撃的になったり、あんな風にライコネンを押し出したりしないだろう」

 フェルスタッペンは、ライコネンをブロックした際に何も間違ったことはしていないとも主張している。特に、スチュワードが彼を呼び出していなかったことが理由だ。

「ライコネンは少しアクセルを戻す必要があっただろうけど、スチュワードは問題ないと判断していた。だから何の問題もない」と彼は説明した。「あの時、僕は闘牛士で彼は雄牛みたいだったね。僕たちはいつもお互い邪魔しあってるみたいだ」

 次戦のイタリアGPに向けてフェルスタッペンは、次のように語って締めくくった。

「僕たちはベストなリザルトを目指してスタートするし、努力する。ベッテルは僕のところに話をしに来ることもできるけど、まずは自分がターン1で何をしたのか認識する必要があると思うよ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ベルギーGP
サーキット スパ・フランコルシャン
ドライバー Kimi Raikkonen , Max Verstappen , Sebastian Vettel
チーム Ferrari , Red Bull Racing
記事タイプ 速報ニュース