散々な週末も、前向きなマッサ。「鈴鹿に集中する」

マッサは、マレーシアGPでトラブルがなければ、ウイリアムズの2台ともが上位にいけたはずだと語った。

 ウイリアムズのフェリペ・マッサのF1キャリアは残り少ないが、またしても辛い週末に耐えることになった。スロットルの不具合によりフォーメーションラップでグリッドから動けず、決勝をピットレーンからスタートしたのだ。この不具合が解消された後も、レース序盤でパンクに見舞われてしまい後方に沈んだ。

 最終的に彼は13位でフィニッシュしたが、チームメイトのバルテリ・ボッタスはカナダGP以来のベストリザルト、5位でフィニッシュしている。

「すごく難しいレースだった。同時にいろんなことが起こったよ」とマッサは語った。

「一番最初にパワーユニットのスイッチを入れたら、スロットルが動かなかったんだ。ソフトウェアの問題か何かだったんだろう。電源を入れ直したら動いたんだ」

「それからスタートして、2周目か3周目、最初のバーチャルセーフティカーの時にタイヤを変えたんだ」

「トラックにたくさんのデブリが落ちていて、おそらくそれを踏んでしまったんだ。左フロントタイヤがパンクして、もう一度ピットインしなければならなかった」

「そこで僕のレースは完全に終わってしまった。運悪く、そこで僕はひとりだけ別のレースになってしまった」

「でも僕は良い仕事をしたよ。ペースは非常に良かったし、フォースインディアとバトルもしたよ」

「一方で、2台とも前方でフィニッシュすることもできたはずだ。少なくとも、僕は良い仕事をした。それが重要だ。だから、次のレースに集中することにするよ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 マレーシアGP
サーキット セパン・インターナショナル・サーキット
ドライバー Felipe Massa
チーム Williams
記事タイプ 速報ニュース