日本GP FP1:メルセデス勢がトップタイム。同じタイヤでフェラーリに1秒差をつける。

日本GP FP1は、ソフトタイヤのメルセデス勢がトップを独占し、ソフトのフェラーリ、ミディアムのレッドブル、フォースインディアと続いた。

 待ちに待った日本GPの金曜日のフリー走行1回目は、朝10時からスタートした。1週間前の金曜日と土曜日の予報は雨で、関係者たちは気を揉んでいたことだろうが、その気掛かりとは打って変わって晴れ、雨は降らなそうだ。気温21℃、路面温度31℃と気候的には過ごしやすい秋晴れに恵まれた。

 前戦でメルセデスのルイス・ハミルトンはマシントラブルに見舞われたため、今回はシンガポールGPまで使用していたパワーユニットを搭載。ウイリアムズとフォースインディア、マノーのパスカル・ウェーレインは新しいパワーユニットを使用する予定だったが、ハミルトンのトラブルによりこれを先送りにした。

 FP1がスタートすると、早速ハースのロマン・グロージャン、フェラーリのセバスチャン・ベッテルがコースイン。ハードタイヤでコースインしたハミルトンも、数周したのちピットインした。

 セッション開始から15分後、ユーズドのソフトでタイムアタックを始めたフォースインディアのセルジオ・ペレスは1分34秒956を記録。その5分後に、アロンソがユーズドのミディアムで1分36秒178をマークしたが、ペレスには1.2秒及ばなかった。

 そのアロンソは、セッション開始23分後に、スプーンカーブ入り口でマシンのリヤを滑らせ、そのままコースオフ。右リヤタイヤとリヤウイング翼端板をウォールにヒットさせてしまった。このアクシデントでリヤウイングは破損、タイヤをヒットさせたことによりギヤボックスのダメージも心配されたが、問題なかったようだ。クラッシュ後、アロンソは自走でピットに戻った。

 セッション開始29分後にロズベルグがソフトタイヤでアタックを開始し、1分33秒751でトップタイム。その後に続いたソフトタイヤのハミルトンは、0.216秒ロズベルグに及ばず。メルセデスに続いてアタックしたのはフェラーリで、セバスチャン・ベッテルがソフトタイヤで1分34秒334、同じくソフトタイヤのキミ・ライコネンは1分34秒605だ。

 セッション残り56分で、ハロを搭載したペレスがコースイン。しかし約2秒ほど、自己ベストからタイムを落としている。

 レッドブル勢は、フェラーリとメルセデスがソフトタイヤを使用しているのに対し、ユーズドのハードタイヤを装着。トップから約1.5秒落ちのタイムを記録している。フォースインディアのふたりは早々にソフトタイヤを履き、レッドブルの約0.2秒差をつけている。

 セッション開始から40分が過ぎた頃、すべてのドライバーがピットイン。タイヤを返却し、2セット目のタイヤ投入に備える。

 セッション残り40分で、ルノーのケビン・マグヌッセンがピットアウト。コースを独占しながら、ハードタイヤでアタックを開始する。続いてコースインしたのは、ミディアムタイヤのニコ・ヒュルケンベルグ(フォースインディア)。ハロを外したペレスが同じくミディアムで続いた。

 セッション残り35分で、ヒュルケンベルグが1分34分530にタイムアップ。ペレスもタイムアップしたが、セッション前半のライコネンのタイムには及ばなかった。

 セッション残り33分、ミディアムのフェルスタッペンは約1秒タイムアップして1分34秒379をマーク。それに続いてライコネンが1分33分817、ベッテルが1分33秒525でタイムを競り合う。彼らを追ってきたロズベルグが約1秒も離して、1分32秒431とトップタイムを塗り替える。メルセデスとフェラーリは再びソフトタイヤを履いた。ミディアムタイヤのリカルドは、1分34秒112でフェルスタッペンのタイムを上回る。

 アロンソは先ほどのクラッシュから無事コースに復帰。ミディアムタイヤで1分35秒003をマークし、フォースインディアの後ろにつけた。

 セッション残り25分でグロージャンが、デグナーふたつ目でコースオフ。フロントウイングを破損してしまった。その後のラジオでブレーキが機能していないことをチームに伝え、バックギヤを使ってグラベルから脱出し、自走でピットに戻っていった。その間にハミルトンがソフトタイヤでタイムアップするが、またもやロズベルグの0.2秒落ちだ。

 セッション残り15分、トロロッソのダニール・クビアトは、FP1中にマシンのセッティングについて何度かチームとのやりとりがあったようだが、ユーズドのハードタイヤでタイムアタック。しかしタイムアップはなかった。クビアトとユーズドのミディアムを履く同僚のカルロス・サインツJr.は、アロンソの後ろのウイリアムズのバルテリ・ボッタスと0.3秒差にある。アロンソはボッタスに0.4秒差をつけており、ユーズドのミディアムを履くフォースインディアに約0.2秒差をつけられている。

 一方、メルセデスとフェラーリはユーズドのソフトタイヤでロングラン。レッドブルとフォースインディアはユーズドのミディアムでロングランに入っている。

 チェッカー直前、ユーズドのミディアムタイヤを履いたフェリペ・マッサもタイムアタック。しかしヘアピンでミスをし、1分40秒301でタイムアップはなかった。

 FP1では、ソフトのメルセデスが同じタイヤのフェラーリに対し、約1秒差をつけている状況だ。その後に、ミディアムでタイムアタックしたレッドブルとフォースインディア、アロンソ、ボッタスと続く。現状ではメルセデスが優位に立っているように見えるが、今回の鈴鹿はレッドブルにとっても得意なサーキットであり、彼らのソフトタイヤでのアタックタイムが楽しみである。FP2はこの後、昼を挟み14時からのスタートだ。 

F1日本GPフリー走行1回目結果
PosDriverChassisLapsTimeGap
1   Nico Rosberg  Mercedes 24 1'32.431  
2   Lewis Hamilton  Mercedes 21 1'32.646 0.215
3   Sebastian Vettel  Ferrari 19 1'33.525 1.094
4   Kimi Raikkonen  Ferrari 17 1'33.817 1.386
5   Daniel Ricciardo  Red Bull 23 1'34.112 1.681
6   Max Verstappen  Red Bull 26 1'34.379 1.948
7   Nico Hulkenberg  Force India 28 1'34.530 2.099
8   Sergio Perez  Force India 30 1'34.767 2.336
9   Fernando Alonso  McLaren 10 1'35.003 2.572
10   Valtteri Bottas  Williams 31 1'35.381 2.950
11   Daniil Kvyat  Toro Rosso 23 1'35.446 3.015
12   Carlos Sainz Jr.  Toro Rosso 27 1'35.672 3.241
13   Jenson Button  McLaren 24 1'35.677 3.246
14   Romain Grosjean  Haas 17 1'35.688 3.257
15   Felipe Nasr  Sauber 15 1'35.967 3.536
16   Felipe Massa  Williams 23 1'36.169 3.738
17   Esteban Gutierrez  Haas 21 1'36.219 3.788
18   Marcus Ericsson  Sauber 19 1'36.294 3.863
19   Kevin Magnussen  Renault 30 1'36.822 4.391
20   Esteban Ocon  Manor 29 1'37.797 5.366
21   Pascal Wehrlein  Manor 24 1'37.966 5.535
22   Jolyon Palmer  Renault 13 1'37.992 5.561

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 日本GP
サーキット 鈴鹿サーキット
記事タイプ フリー走行レポート