雨乞いをするアロンソ。「今週末のパフォーマンス不足に驚き」

アロンソは、新仕様のパワーユニットは、戦闘力を向上させるものではないと語った。

 マクラーレンのフェルナンド・アロンソはマレーシアGPの金曜日にアップグレードしたパワーユニットをテストしたが、初日以降は古い仕様に戻していた。

 今週末の日本GPではアップグレードした仕様のパワーユニットを使用しているが、マクラーレンはジェンソン・バトンのマシン共々、ホンダのホームGPでパフォーマンス不足に苦しんだ。

 土曜日に行われた予選で、バトンはQ1で脱落し17番手、アロンソは15番手に沈んでいる。

 アロンソは、アップグレードはより信頼性を高めるためのもので、パワーは上がっていないと語った。

「改善されたパワーユニットは、より信頼性を高くするためのものだ。ジェンソンの使っているパワーユニットと同じパワーだから、ストレートでも同じ速さだよ」とアロンソは語った。

「僕らが努力しているのは、今シーズンもうペナルティを受けないようにすることだ」

「僕らは、週末を通して速くない。それがなぜかを理解する必要がある。後方からのスタートはレースを難しくするだろう」

 今週末のマクラーレンのパフォーマンス不足は驚きだったかと尋ねると、アロンソは「そうだね、少し。今日のパフォーマンスには満足していない」

「僕らが望んでいたようなパフォーマンスではない。特にここはホンダのホームGPだから。だけど結果は見ての通りだ」

 明日のレースに向けて、大きな進歩は予想していないと認めたアロンソだが、雨が降れば、彼が輝くチャンスが来ると期待している。

「予選は、やってみるまでどうなるかは分からないものだけど、マクラーレンにとって15位と17位は理想的なポジションではない。ここ最近のレースではQ3によく行っていたし、もっとパフォーマンスが低いと思っていた場所でも、Q3進出を争えていたから」

「明日に向けて、改善を試みる必要がある。週末を通して速さがあったわけではないので、明日雨が降ったり、何か変なことが起きない限り、順位を大きく上げられたら驚きだね」

「今週は予想していたより遅いから、明日何かを見つけられるか、天候の助けがあるように願おう」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 日本GP
サーキット 鈴鹿サーキット
ドライバー Fernando Alonso
チーム McLaren
記事タイプ 速報ニュース