RICHARD MILLEが鈴鹿Sound of ENGINEのタイトルスポンサーに決定

『SUZUKA Sound of ENGINE 2016』に、冠スポンサーとしてスイスの高級時計メーカー「RICHARD MILLE(リシャールミル)」が決定したことが分かった。

 今年の11月19日と20日の2日間にわたって行われる予定の「SUZUKA Sound of ENGINE 2016」。このイベントは昨年に続き、今年で2回目の開催で、国内外から、F1、グループC、WGPなど、様々なカテゴリーの伝説的なマシンが鈴鹿に集結し、デモランを披露する。ファン垂涎のイベントである。

 この「SUZUKA Sound of ENGINE」に、スイスの高級時計メーカー「RICHARD MILLE」がタイトルスポンサーとして付き、イベント名も「RICHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE 2016」と改められることになった。イベントのロゴも、同社のロゴマークが入ったモノに変更されている。

 RICHARD MILLEは2001年に最初のモデルを発表した新興の時計メーカーであるが、妥協を一切排した上、F1や航空産業で使われる素材・先端技術をふんだんに活かした時計を発売する超高級ブランドとして人気が高い。愛用者はフェリペ・マッサやテニスプレーヤーのラファエル・ナダルなど。また、マクラーレンやハースといったF1チーム、フォーミュラEのルノー・e.ダムスらをスポンサードしている。

 また、同社の創設者であるリシャール・ミルもモータースポーツファンとして知られており、自らステアリングを握ってル・マン・クラシックに参戦するなどしている。さらにヒストリックレーシングマシンも多数所有しており、今回の「SUZUKA Sound of ENGINE』にも、氏が所有するフェラーリ312Tやティレル006が来日し、デモランを披露する予定となっている。

「RICHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE 2016」は11月19日(土)と20日(日)に開催。9月25日(日)より前売りチケットが発売される予定だ。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ その他
イベント名 Suzuka Sound of engine 2016
サーキット 鈴鹿サーキット
記事タイプ 速報ニュース