【TGRF】イベントレポート3:最後は悪天候でグリッドウォーク中止に

午後から降り出した雨が強くなり、グリッドウォークが中止になるという展開でTOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL(TGRF)は閉幕した。

 午前中は雨が降らず、最後まで天気は崩れないかと思われた。しかし午後から雨が降り始め、夕方にかけてその雨脚は強くなり、コースも完全にウエットコンディションになってしまった。最後にはグリッドウォークが中止になってしまうも、急遽ピットウォークが行われ、ファンとドライバーの交流が図られた。

■ラリーカー同乗体験

ラリーカー同乗走行体験
ラリーカー同乗走行体験

Photo by: Motorsport.com

 雨模様の中で行われたラリーカーの同乗体験。勝田貴元や新井大輝といった若手のラリードライバーも参加した。ファンを乗せたラリーカーは、それをドライブするドライバーのレベルの高さを見せつけ、終盤には”三角乗り”も披露した。

■SUPER GT VS SUPER FORMULA スペシャルバトル

ジェームス・ロシター、KONDO RACING
ジェームス・ロシター、KONDO RACING

Photo by: Kenji Takada 

 TGRFでしか見ることのできないスーパーGTとスーパーフォーミュラによるスペシャルバトルが行われた。路面は完全にウエットコンディションで、レースはローリングスタートで行われた。また解説には、館信秀、星野一義、近藤真彦が登場した。

 レースでは、ジェームス・ロシター(#3 KONDO RACING)が1コーナーを過ぎたところでまさかのスピンを喫してしまい、エンジンが止まってしまった。またコースコンディションが悪化したため、レースは途中で中止となってしまった。星野監督は「(レース)できるよ!」と発言するも、残念ながらそのまま終了となった。

■雨天でグリッドウォークも中止に……

#39 DENSO KOBELCO SARD RC F
#39 DENSO KOBELCO SARD RC F

Photo by: Motorsport.com

 この雨の影響で、最後に予定されていたグリッドウォークも中止になってしまった。代わりにピットウォークが行われ、ファンとドライバー、レースクイーンとの交流が行われた。雨脚も強まったが、それでもピットには多数のファンが詰め寄せ、最後の最後までイベントを楽しんだようだ。

 天気が崩れて気温も下がり、天候だけは最悪の展開を迎えてしまったが、ファンは余すところなくTGRFを楽しめたようだ。一口に「モータースポーツ」と言っても、今日のイベントに来場すれば、その活動の幅広さがわかったのではないだろうか。

【関連ニュース】

【WRC】トヨタのWRC用テストマシン”ヤリスWRC”がTGRFで日本初公開

【フォトギャラリー】豊田章男社長も登場! Toyota Gazoo Racing Festival

【TGRF】イベントレポート:ウェルカムセレモニー/脇阪塾座談会

 【TGRF】イベントレポート2:脇阪塾座談会/同乗走行/WOMANステージ

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ その他
イベント名 2016 Toyota Gazoo Racing Festival
サブイベント 2016 Toyota Gazoo Racing Festival
サーキット 富士スピードウェイ
記事タイプ 速報ニュース