ヨーロッパF3新チャンピオンのストロール、”他の用事”でマカオGP欠場

ヨーロッパF3のチャンピオンになったランス・ストロールは、来月に行われるマカオGPを欠場すると認めた。

 F3のチャンピオンを獲得したランス・ストロールは、各国のF3ドライバーが集まる、11月のマカオGPを欠場することがわかった。

 ストロールは、このタイトル決定によりスーパーライセンスの発給条件を満たし、来季F1を引退するフェリペ・マッサに代わって、ウイリアムズからのF1参戦が噂されている。ストロールは18歳になる10月末、スーパーライセンスの発給資格を得ることになる。

 イモララウンドのレース2で優勝したストロールは今季11勝目。プレマのチームメイトでタイトル争いのライバル、マキシミリアン・ギュンターはノーポイントに終わり、最終戦ホッケンハイムを前にチャンピオンが決定した。また、ストロールは同日午後に行われたレース3も圧勝し、勝利数を12に伸ばしている。

 しかしながらイモラのプレスカンファレンスで、彼はマカオGPを欠場することがわかった。昨年、マカオGPに初出場した彼は8位でフィニッシュしており、そのレースではフェリックス・ローゼンクビストが勝利している。

 ストロールの広報は、この欠場の理由について詳しく述べることを拒否し、”用事のバッティング”とのみ語った。

 ヨーロッパF3のチャンピオンがマカオGPを欠場するのは、2008年のニコ・ヒュルケンベルグ以来初めてである。

 F3タイトルの獲得について語ったストロールは、昨年のホッケンハイムでF3初優勝を遂げたことが、支配的な2016年シーズンにつながったと語った。

「冬休みを取ったことは精神的に重要だった」と彼は語った。

「この(ホッケンハイムでの)勝利は本当に自信になったし、成功した今シーズンに向けての道を開いたんだ」

「自分が新しいヨーロッパF3のチャンピオンだなんて、素晴らしい気分だよ。なんて言葉にしたらいいかわからない」

「4月の開幕戦から僕らのペースは信じられないもので、予選でも決勝でも速かった。様々なことの組み合わせで、僕らはすごく一貫性があって、それがタイトル獲得につながった」

「2014年から僕がレースをしているプレマチームは、僕のために本当に一生懸命働いてくれた。トラックで僕がレースを頑張っている時も、チームを離れている時も、今日という日を迎えるためにね」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ その他
ドライバー Lance Stroll
チーム Prema Powerteam
記事タイプ 速報ニュース