チーム・アグリ売却が決定。ロンドンePrixが最後のレースに

チーム・アグリはチャイナ・メディア・キャピタルへの売却に合意。ロンドンePrixで最後のレースを迎えることになる。

 フォーミュラEに初年度から参戦しているチーム・アグリは、参戦ライセンスをチャイナ・メディア・キャピタル(CMC)に売却、ロンドンePrixで最後のレースを迎えることが明らかになった。

 今年の4月、鈴木亜久里がチーム・アグリの運営から退くことが発表された。その当時からCMCへの売却が噂されていたが、今回その交渉がまとまった格好だ。この決定により、オーナーが変更され生まれ変わる新チームは、ルノー製パワートレインのカスタマーユーザーとして、第3シーズンを戦うことになると見られる。そしてこのチームに提供されるパワートレインには、日産のバッジがつけられることが期待されている。

 2013年の11月、鈴木亜久里と共同でチーム・アグリを設立したマーク・プレストンは、引き続き新チームでも重要な役割を果たすものとみられる。

「チーム・アグリが電気自動車開発における真のパイオニアとして、新しい技術を開拓し、世界に向けてそれを紹介してきたということを、私は誇りに思っている」とプレストンは語る。

「フォーミュラEにおけるチーム・アグリの歴史はこれで最後になる。しかし、新たな投資家にチームを売却することは、新しい始まりも意味している」

「ロンドンePrixは、チーム・アグリにとっての最後のレースとなる。過去2年間にわたって関与してくれたすべての方のハードワークと献身に、感謝したいと思う」

 パリePrixでチーム・アグリのマシンのステアリングを握ったマー・チンホワは、CMCに所有権が移ったことにより、第3シーズンのレギュラーシートを掴む可能性が高い。しかし、彼のチームメイトが誰になるのかは、まだ不明である。

 チーム・アグリに優勝をもたらしたアントニオ・フェリックス・ダ・コスタは、BMWの契約ドライバーであるため、シーズン3はアンドレッティに移籍することが濃厚と見られている。

関連ニュース:鈴木亜久里、チーム・アグリ運営からの退任について語る

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ フォーミュラE
記事タイプ 速報ニュース