ネクストEV代表のマーティン・リーチ。闘病の末死去

ネクストEVの社長で、同社のフォーミュラEチームを率いたマーティン・リーチが、癌との闘病の末亡くなった。59歳だった。

 ネクストEVの社長で、同社のフォーミュラEチームを率いたマーティン・リーチが、癌との闘病の末亡くなった。59歳だった。

 リーチが最近まで社長を務めていたネクストEVは、ハイパフォーマンスの電気自動車を設計・開発する企業であり、チャイナ・レーシングをスポンサードする形で、シーズン1後半からフォーミュラEに携わった。リーチは、このフォーミュラEチームの代表も務めていた。

 同チームのネルソン・ピケJr.は、記念すべき初代フォーミュラE王者に輝いたが、各チーム独自のパワートレインを使えることになったシーズン2は苦戦。しかし先日香港で開幕したシーズン3では、その最初のレースからピケJr.がポールポジションを獲得する速さを見せた。このポールポジションは、チームにとっても初めてのポールポジションである。

「マーティンはこのスポーツに対して、非常に情熱的な男だった」

 そうピケJr.は語る。

「彼は多くの時間と労力と情熱を、このスポーツに懸けた。僕が初めて彼と会ったのは、シーズン1の終盤、彼らがチームのスポンサーになった時だった」

「彼はシーズン2でチームを引き継ぐことになった。当時は非常に厳しい状況だったけど、彼は僕にこう語ってくれたんだ。『ネルソン、心配しなくていい。我々は再び君が成功できるように、全力を尽くすつもりだ』と。それが、僕がネクストEVにとどまった理由だった。そして、僕らはかなり良好な関係を築いた。彼はとてもポジティブだったんだ」

「彼は非常に熱心に働いていた。ギヤボックスの素材からインバータまで、起きていることのすべてを知っていた。彼は常に働いていた。僕は彼に、昼でも夜でも、いつでも会うことができたんだ。短い時間ではあったけど、僕は彼と働くことができて幸運だったし、非常に誇りに思っている」

「香港では、彼と彼のクルマに捧げるポールポジションを獲得することができた。そして、これまで以上に彼の遺したモノを続けていきたいと思う。さらに、マーティンのためにより多くのレースに勝ち、チャンピオンシップを獲得したい。マーティンのスキルとビジョンのおかげで、我々のすべての組織やスタッフが、今ここにあるんだ」

「僕はマーティン・リーチと働けたことを光栄に思うし、彼を失ったことは大きな損失だ。彼はただのチームのボスではなかった。彼は、僕ら全員のためにそこにいたんだ。僕はさらに進んでいけることを願っているが、今起きたことについてはとても悲しい。そして彼の家族のことを想っている。僕らはマーティンのために、これまで以上に働くつもりだ」

 マーティン・リーチは10代の頃プロのカートレーサーを目指し、その後1979年にフォードに入社。20年後に同社の役員になった。そして2002年にはフォード・ヨーロッパの社長に就任した。

 その後、彼はマセラティの最高経営責任者(CEO)を務め、そして後にスーパーアグリのF1チームを存続させるために注力したが、その際にはこれを実現させることはできなかった。

 また彼は、2000年にハートフォードシャー大学から理学博士の称号を授与されている。

ネクストEV、ウイリアム・リーの声明

 深い悲しみの下、私は偉大な友人そしてリーダーであり、ネクストEVの創設メンバーで共同会長であった、ドクター・マーティン・リーチを失ったことを発表しなければならない。彼は過去数カ月にわたって病気と闘った後、我々を残して旅立って行ってしまった。

 私は、2014年の10月にマーティンと知り合った。そして、私は業界での彼の功績に感銘を受けた。さらに私は、自動車ユーザーのために全く新しい経験を生み出すための私のビジョンを深く共有する、彼の情熱に心を打たれた。それ以来、マーティンはネクストEVの旅のすべてのステップに参加してきた。

 初期の頃には、私がリーダーシップ、同社の価値、そして製品の定義を構築するのを手助けしてくれた。これが、ネクストEVの基礎を設定することになった。

 マーティンは我々のプログラムを先導し、そして彼のリーダーシップの下、ネクストEVはフォーミュラEの初代ドライバーズタイトルを獲得することができた。また、我々のスーパーカーがもうすぐ世界に披露できる。

 マーティンは真の戦士であり、最も高い標準で生きていた。最後の時にも、彼はまだネクストEVの進捗状況を気にしていたんだ。私はマーティンをパートナーとして仕事をしてきたことを、光栄に思っている。

 彼を失うことは、私たちのすべてにとって大きな損失である。しかし、彼の遺産は、ネクストEVに永遠に残ることだろう。

 彼の献身と彼のビジョンは、我々が歴史を作っていくために、人々を鼓舞してくれる。我々はネクストEVに貢献し、彼の任務を完了することで、彼への尊敬を示したと思う。そして、我々ネクストEVの全員は、マーティンの家族に対して心から哀悼の意を表します。

 マーティン、レースは天国でも、あなたと共にある。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ フォーミュラE
チーム China Racing
記事タイプ 速報ニュース
タグ martin leach