フォーミュラEモスクワ戦、中止を正式発表へ

2015-16シーズンのフォーミュラE第9戦モスクワePrixは中止へ。今週中に正式に発表される見込みだ。

 第2シーズンのモスクワePrixは、6月4日に開催が予定されていた。しかし、今週水曜日(現地時間)の午後、中止されることが分かった。今週中にも、正式に発表される見込みである。

 この結果、今季の残りのレースは、5月21日のベルリンePrixと、7月2日と3日にバターシーパークで開催が予定されているロンドンePrixの、合計2イベント3レースだけとなった(ロンドンePrixはダブルヘッダー開催)。

 モスクワePrixが中止された背景には、イベントのプロモーションと運営関係の周辺に問題が発生したことがあり、さらに別のロシア政府機関も関与しているとみられる。

 フォーミュラEは、2回目のモスクワePrixをホストするために必要な全てが整っていると考えているが、ロシア国内の反対派との争いの結果、カレンダーから消し去られてしまうことになった。

 この代替策として、ヴァーチャルリアリティのイベントの実施が検討されたが、選手権ポイントを獲得するためのイベントとしては不透明な部分が多い。フォーミュラEはこの数ヶ月、ゲームなどのヴァーチャルリアリティを追求した方法を、様々開拓してきた。

 また別の代替候補地を探すにも、時間的に短すぎることから、実現の可能性はほとんどない。ドニントンパーク・サーキットでの代替案ですら、実行は非常に難しいとみられる。

 モスクワePrixのキャンセルにより、完全電動のフォーミュラカー選手権の第2シーズンは、11レースではなく10レースで行われることになる。現在ポイントランキングトップに立っているルーカス・ディ・グラッシは、11ポイントのリードを持って、最終3レースに臨むことになる。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ フォーミュラE
イベント名 モスクワePrix
サーキット モスクワ市街地
記事タイプ 速報ニュース