フォーミュラE公式テスト最終日:ブエミがラップレコードを更新しトップタイム

フォーミュラEシーズン3公式テスト最終日。白熱したブエミとベルニュのラップレコードの塗り替え争いはブエミが制した。

 シリーズ2チャンピオンのセバスチャン・ブエミ(ルノー・e.ダムス)が、ラップコードを更新し、トップタイムで合同テスト最終日を終えた。

 ジャン–エリック・ベルニュ(テチータ)のレコードタイムを0.286秒上回って塗り替えたブエミ。最終日午前中のセッションで1分28秒910をマークした。6日間の合同テストでは、連日ブエミとベルニュのトップ争いが白熱した。

 また、DSヴァージンのサム・バードもベルニュの0.087秒差まで迫る4位だった。

 ニコラス・プロスト(ルノー・e.ダムス)は、1分29秒205で3位。ブエミとベルニュの午前中のベストタイムに食いつくことはできなかった。

 3位のプロストと4位のバードのタイム差は0.077秒。その下にロイック・デュバル(ドラゴン)が5位についた。

 アプト・シェフラー・アウディ・スポートのダニエル・アプトは、午前中のセッションでベストタイムを記録し6位。ドラゴンのジェローム・ダンブロシオは午後のタイムアップでアプトを0.007秒の僅差まで詰めたが、7位で終えた。

 DSヴァージンのホセ・マリア・ロペスは8位。アプト・シェフラー・アウディ・スポートのルーカス・ディ・グラッシは、クラッシュで遅れをとり、9位となった。

 その中、マー・チン・ホワ(テチータ)が10位に食い込んだ。最終日のトップ10は、順位が前後する白熱したタイムバトルが巻き起こった。

 今回のテストで3人のドライバーが、午後のセッションで30分の走行禁止ペナルティを受けた。その内のロペスは赤旗中の追い越し行為によるもので、ベルニュとマーはボラードに接触した為だった。

Day 6 test times:

 PosDriver CarMorningAfternoon 
 Sebastien Buemi Renault 1'28.910 1'29.002
 Jean-Eric Vergne Techeetah 1'29.109 1'29.296
 Nicolas Prost Renault 1'29.656 1'29.205
 Sam Bird DS Virgin 1'29.508 1'29.282
 Loic Duval Dragon 1'29.703 1'29.395
 Daniel Abt Abt Schaeffler 1'29.422 1'32.058
 Jerome d'Ambrosio Dragon 1'29.701 1'29.429
 Jose Maria Lopez DS Virgin 1'32.851 1'29.488
 Lucas di Grassi Abt Schaeffler 1'31.897 1'29.511
10   Ma Qing Hua Techeetah 1'29.726 1'29.649
11   Felix Rosenqvist Mahindra 1'29.713 1'29.740
12   Oliver Turvey NEXTEV 1'32.356 1'29.717
13   Nick Heidfeld Mahindra 1'32.227 1'29.884
14   Robin Frijns Andretti 1'32.524 1'29.981
15   Mitch Evans Jaguar 1'30.599 1'30.061
16   Antonio Felix da Costa Andretti 1'30.253 1'30.085
17   Stephane Sarrazin Venturi 1'30.951 1'30.121
18   Nelson Piquet Jr NEXTEV 1'30.660 1'30.250
19   Adam Carroll Jaguar 1'30.896 1'30.279
20   Maro Engel Venturi 1'30.650 1'30.355

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ フォーミュラE
イベント名 Donington September testing
サーキット ドニントン・パーク
記事タイプ テストレポート