【フォーミュラE】メルセデスはなぜフォーミュラE参戦を決めたのか?

メルセデスは、2018年に開幕するフォーミュラE第5シーズンへの参戦を決めた。彼らはなぜFEに挑むのか?

 国際的なモータースポーツの中でも、近年特に成長を遂げているフォーミュラEに、メルセデスは2018年に開幕するシーズン5から参戦することをすでに表明している。彼らはこのシリーズに参戦している他のメーカー同様、将来的には完全電化された自動車を販売することを目指している。

 先日行われたマラケシュePrixの際、メルセデスの関連するHWA社のエンジニア2人が会場を訪れていた。彼らの意図は現時点では不明だが、メルセデスはフォーミュラEの動向を注意深く見守っているのは間違いない。

 メルセデスは最近導入されたEQブランドを通じて、2019年に完全電気自動車を発売することを目指している。さらに、現行車種のほとんどにプラグイン・ハイブリッド・バージョンを導入することになるという。予定通りメルセデスが2018年からフォーミュラEに参戦することになれば、電気自動車の発売開始をPRするために絶好のタイミングとなるだろう。

 メルセデスはフォルクスワーゲンやBMWなどとは異なり、充電施設のネットワークにはまだ多大な投資をしていない。しかし、これもまもなく変更されることになるだろう。先月、メルセデス・ベンツUKは、イギリス最大のEV充電インフラ企業であるチャージマスター社との提携を結んだ。これにより、メルセデス、そしてスマートを家庭で充電するシステムを提供していくことになる。

 さらにメルセデスは、ドイッチェ・アキュモーティブ(Deutsche ACCUmotive)やA123システムズなど、業界をリードするバッテリー/エネルギー貯蔵システムの専門企業との確固たる関係を築き、市販車やモータースポーツでの協力を得ている。

【関連ニュース】

東京FEデモランのディ・グラッシ。来季以降日本のレースにも興味?

東京の公道をFEマシンが駆け抜けた! ディ・グラッシがドライブを担当

F1メルセデスのスタッフがマラケシュePrixを視察。参戦に向けた準備か?

【分析】将来のモータースポーツを担うのは、フォーミュラEなのか?

フォーミュラE、第5シーズンに日本初開催の可能性

メルセデス、フォーミュラE参戦に条件付きで合意。ウルフ「FEは将来的に価値あるものになる」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ フォーミュラE
チーム Mercedes
記事タイプ 分析