フォーミュラE、第5シーズンに日本初開催の可能性

フォーミュラEの第5シーズンで、日本初開催の可能性が高まっていることが分かった。

 フォーミュラE選手権が数年以内にいよいよ日本で開催されそうな気配が濃厚になってきた。

 香港ePrixを控えた先週、フォーミュラEホールディングス(FEH)のアレハンドロ・アガグ代表が来日。幾つかの自治体を訪問し、レース開催に向けて話し合いを持った模様だ。

「日本訪問は非常に有意義だった。日本の幾つかの自治体から興味を寄せられているが、私としては日本ならどの自治体でもクオリティの高いイベントになると思っている」と、FEHのアガグ代表はMotorsport.comに語った。

「日本はこれまで公道レースを開催した実績がなく、実現に向けては越えなければならないハードルが山ほどあることは知っている。しかし、世界中の都市がフォーミュラEを使ってそのハードルを越えたことも事実だ。我々はフォーミュラEが日本のモータースポーツの新しい扉を開くと信じている。心強いパートナーもいる」

 FEHは大手広告代理店・電通と連携しているようで、これまでもフォーミュラEの各レース会場で電通のスタッフの姿が目撃されていた。いよいよ実現に向けて動きが具体化しているようだ。

 一方で、今回の訪問では幾つかの自動車メーカーとも会議を持ったようだ。アガグは日本からの参戦に関して、具体的な企業名に関しては言葉を濁す。しかし、日本大会の実現とあわせて、日本からのエントリーの可能性が高まっているのも事実のようだ。Motorsport.comが香港で入手した情報によれば、「シーズン3が終了する前に日本チームの新規参入の名前が明かされるはずだ」とのことだ。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ フォーミュラE
記事タイプ 速報ニュース
タグ alejandro agag