ベルリンePrix、チーム・アグリのドライバー決定

アウディのファクトリードライバーであるレネ・ラストが、チーム・アグリのマシンに乗り、フォーミュラEデビューを果たすことがわかった。ラストはマー・チンファをコンビを組み、今週末のベルリンePrixを戦うことになる。

 ラストは、DTMと日程がバッティングしたことで出走することができないアントニオ・フェリックス・ダ・コスタに代わって、55号車をドライブすることがわかった。

 ラストはスポーツカーでの経験は豊富なものの、フォーミュラカーは久々。2004年にフォーミュラBMWに乗って以来の、フォーミュラカー搭乗であるという。

「ベルリンの市街地コースでフォーミュラEマシンのステアリングを握るのは、実に特別なものだ。素晴らしい機会をくれたチームに感謝したいね」とラスト。

「クルマの良い感触を得るために、この数週間、シミュレータをやっている」

「このクルマは、独特の要求を持っているね。僕はチームが素晴らしい成績を挙げるために、早くマシンのスピードを発揮できるようになり、僕の経験をエネルギーマネジメントの分野に生かしたいと思っている」

 ラストは今年、G-ドライブ・レーシングのマシンをドライブし、WECのLMP2クラスを戦っている。彼はチームとともに、フォーミュラEのライセンスが発給されるのを待っていた。何故なら、ラストは国際競技規則で定められた基準に適合していなかったからだ。

 当初ダ・コスタの代役は、アダム・キャロルが務めるものとみられていた。しかし、これをラストに変更。キャロルはすでにエントリーが提出されていたが、条件面での折り合いがつかず、申請を取り下げる必要があった。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ フォーミュラE
イベント名 ベルリンePrix
サーキット ベルリン・テンペルホフ空港
ドライバー Adam Carroll , René Rast
チーム Team Aguri
記事タイプ 速報ニュース