2017年フォーミュラEの最終戦モントリオールPrixの詳細が公表

2017年7月29−30日にフォーミュラE最終戦であるモントリオールePrixが開催される。

 2017年7月29−30日に開催を予定している、モントリオールePrix(カナダ)の開催場所とコースレイアウトが明らかになった。モントリオールePrixは、2016/17年フォーミュラEの最終戦だ。

 モントリオールePrixは、セント・ローレンス川の土手沿いにあるモントリオールの街中で開催される。

 FIAトラックホモロゲーションに則って作成されるサーキットは全行程2.75kmであり、14つのコーナーで構成されている。ルネ=レヴェスク通り東からスタートし、メゾン・ド・ラジオカナダを周り、ヴィジェ通り東に沿って周回するレイアウトだ。

 モントリールのコンプレックス・デジャルダンで行われた今回の発表会で、モントリオール市長、フォーミュラEシーズン1チャンピオンのネルソン・ピケJr.、フォーミュラEの代表であるアレハンドロ・アガグ、多くの来賓がそれぞれコメントしている。

アレハンドロ・アガグ(フォーミュラE代表)

「フォーミュラEは、世界有数の都心部に電気自動車のレースを開催することを望んでいる。今回そのひとつ

であるモントリオールが、フォーミュラEのカレンダーに新たに追加されたことはとても素晴らしいことだ。モントリオールは素晴らしい雰囲気のある大きな都市だ。フォーミュラEシーズン3を閉幕させるには最適の場所である。モントリオールを背景にタイトルをかけて戦うことを、ドライバーたちが楽しんでくれると確信している」

ジャン・トッド(FIA会長)

「モントリオールは偉大なモータースポーツの伝統と地方自治体があるだけでなく、持続可能なモビリティの新たなモデルに対する市民の感受性も高い。これらの要素掛け合わせて1つのイベントとするなら、間違いなくフォーミュラEだろう。モントリオールが、フォーミュラEシーズン3の最終戦として準備を始めていることを嬉しく思う。私はデニス・コデッラ市長と交通安全のためのFIAハイレベルパネルのメンバー、またこのイベント開催を協力してくれた個人的な私の友人に対し感謝したい。私はこのイベントがモータースポーツファンだけでなく、この偉大な都市のモビリティの未来に興味関心のある幅広い視聴者たちの注目を集めることを確信している」

デニス・コデッラ(モントリオール市長)

「私は、モントリオールがフォーミュラEのホスト都市になることをとても嬉しく思っている。モントリオールではトランスポートの電化を推進している。この推進を促せるようなレースは、都心部のサーキットで実施される。モントリオールePrixは、誰もが最新の電気自動車レースを見て感心するような家族イベントになるだろう。2017年モントリオールでは、375周年アニバーサリーイベントが開催される予定だ。その高い性能が持続可能な開発を可能にしていくことを実証することができるいい機会になるだろう」

シルヴァン・ヴィンセント(モントリオール・イッツ・エレクトリック代表)

「モントリオールの使命であるイッツ・エレクトリックは、フォーミュラEを支持している。我々の組織は熱意のある貴族で構成され、トランスポートの電化を主な目標として活動している。モントリオール市とこの目標と共有し、達成することを約束した。フォーミュラEの誘致は、これらの努力をアピールするためのショーケースとなる。このフォーミュラEは、持続可能な開発とパフォーマンスの間の完璧なバランスを実証してくれている。この街がそのシリーズんお2017年チャンピオンシップ最終戦の地となることを、とても誇りに思っている」

ネルソン・ピケJr.

「カナダはモータースポーツを擁護してくれる国であり、僕はこのモントリオールで今回の発表会に参加できたことがとても嬉しい。とても素晴らしい街並みだから、7月のレースは良いものになるだろう。モントリオールは、最終戦として最適な会場だ」

 フォーミュラEは、モントリオールベースのプロモーターであるエベンコ社に信頼を置いている。エンターテイメント業界でもっとも尊敬されているポールスターは、カナダの中の独立プロモーターとしてトップにランク付けされており、北米で8番目に重要なプロモーターとして認められている。

【FIA Formula E】

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ フォーミュラE
イベント名 Montréal ePrix announcement
サブイベント Track layout
ドライバー Nelson Piquet Jr.
記事タイプ 速報ニュース