【F1】グティエレス「フォーミュラE挑戦は未来への”賭け”」

F1のシートを再び失ったエステバン・グティエレスは、フォーミュラEへ挑戦することを発表した。これは彼にとって”未来への賭け”だという。

 ハースがロマン・グロージャンのチームメイトとしてケビン・マグヌッセンを起用することを決めたため、エステバン・グティエレスは2017年のシートを失った。その後グティエレスはマノーへの移籍を模索したものの、チームが管財人の管理下に入るという危機的な状況に陥ってしまったため、実質的には彼がF1にとどまる選択肢は皆無となってしまった。

 そのグティエレスは先日、メキシコで記者会見に出席し、フォーミュラEでレースをすることを発表した。彼はまず、4月1日に行われるメキシコシティePrixでフォーミュラEデビューを果たし、シーズン4(2017-2018シーズン)からフル参戦することを目指すという。また、シーズン3のメキシコ以外のレースにも、できる限り出走したいとの意向を示している。

「すごく極端な決断だった」

 グティエレスはmotorsport.comの取材に対してそう語った。

「フォーミュラEには素晴らしいドライバーがいる。ドライバーたちには似たような(戦闘力の)マシンが与えられているから、非常に激しい競争になる。とても良いことだ。なぜなら、ドライバーが違いを生み出すことができるから」

「素晴らしい経験だし、楽しいレースになるだろう。僕のキャリアにとって重要なステップだ。すごく極端な決定だったし、僕の将来に向けては大きな賭けということになると思う」

「この決定を、とても前向きなステップだと考えている。個人的には、フォーミュラEの一部を担うことができるチャンスを得ることができて、とても嬉しい」

「僕らがたくさんのことを成し遂げるだろうということに疑いの余地はない。それ(フォーミュラE)は成長する大きな可能性を秘めている」

 フォーミュラEへの挑戦を決めたグティエレスだが、F1に復帰する可能性が完全に潰えたわけではないと主張すると共に、彼のチームが復帰に向けた計画を進めていると語る。

「現時点では、僕はフォーミュラEに完全に集中している。しかし、F1にはフォーミュラEに補完される可能性だってある」

 そうグティエレスは語る。

「僕は何だってすることができる。それは、僕のキャリアにとってはとても良いことだ。僕らには今、取り組んでいる選択肢がいくつかあるんだ」

 グティエレスはまだ、メキシコePrixでどのチームのマシンに乗るのかを明かしていない。しかしこの日は、WEC(世界耐久選手権)のプロローグが行われる日程と被っているため、複数の空席が生じる可能性がある。とはいえ彼は、先頭争いができるポジションにいることを強く望んでいる。

「ドラゴンでレースをするとは、まだ確定していない。それは単なる可能性のひとつだ」

 そうグティエレスは言う。

「僕らはそれを評価しているところで、他にも5つのオプションがある。数週間のうちに、どこで走るのかを決めたいと思っている。僕らはトップを獲るために戦いたいんだ」

Interview by Luis Ramirez

【関連ニュース】

【F1, フォーミュラE】グティエレス、フォーミュラE参戦へ

グティエレス、フェラーリのリザーブも視野に。「結果を求めて周りが見えていなかった」

グティエレス「ハースの決定はフェアではなかった」

チーム代表との衝突を弁解するグティエレス。「タイミングが悪くて”情熱”が溢れてしまった」

グティエレス、今季限りでハース離脱が決定

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ フォーミュラE , F1
ドライバー Esteban Gutierrez
記事タイプ 速報ニュース