【FE】ブエノスアイレスePrix。次期開催地は常設サーキットか?

ブエノスアイレスePrixが現在の会場で行われるのは今シーズンが最後になるとみられ、次の開催地選定が急がれている。

 ブエノスアイレス市街地、プエルト・マデロのコースで行われるレースは、フォーミュラEで唯一、第1シーズンから開催を続けてきた。今季開催予定のモナコも第1シーズンでレースをホストしていたが、第2シーズンは開催されていないのだ。

 しかしこのプエルト・マデロのコースを使えるのも今季限り。来季以降は別の会場に開催を移すべく、その候補地の選定が行われている。

「我々は他の開催地を見つけるため、政府と行動を共にしている」

 そう語るのは、フォーミュラEホールディングスのアレハンドロ・アガグだ。彼は来年2月のブエノスアイレスePrixに向けたプロモーションイベントでそう語った。

「我々は新しいコースを見つけたい。これがフォーミュラEとブエノスアイレス間の将来に向けた契約を交わすための重要な鍵となる」

 motorsport.comの調べによると、2018年以降の開催地として最も有力なのはオスカル・ガルベス・サーキットであるとみられる。このサーキットはかつてF1アルゼンチンGPを開催した地としても知られており、ここに周辺の道路を繋ぐことで半公道コースとして設定することを目指しているという。

 今季からフォーミュラEに参戦を開始しているホセ・マリア・ロペス(DSヴァージン)は、そのWTCC等での圧倒的な成績から、アルゼンチンの英雄と言っても良い人物である。その凱旋レースとなる2月のイベントには、多くの観客が押し寄せることが予想されている。

 ロペスは開催3回目となるブエノスアイレスePrixに出走することについて、次のように語った。

「僕はついに母国でレースをお見せすることができて、非常に嬉しい。クルマに対する意欲と情熱は、成長し続けているんだ」

【関連ニュース】

フォーミュラE、第5シーズンに日本初開催の可能性

フォーミュラEマラケシュePrix、”世界の気候変動”を考えるCOP22と公式パートナーに

2017年フォーミュラEの最終戦モントリオールPrixの詳細が公表

ベンチュリ、日本企業ロームのSiCを導入。研究開発を加速させるレース環境

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ フォーミュラE
記事タイプ 速報ニュース