ジャガー「技術革新のためにフォーミュラEで戦う」

ジャガーはプレスリリースで、フォーミュラEの参戦体制を発表した

ジャガー、初の電気自動車「I-TYPE」でモータースポーツ界に復帰

ドライバーはアダム・キャロル、ミッチ・エバンス、ホーピン・タンに決定
パナソニック・ジャガー・レーシングとしてフォーミュラEに参戦

・初めての電気自動車であるジャガーのレーシングカー「I-TYPE1」を発表し、新世代のファン獲得に向け始動

・国際的なモータースポーツへの復帰に向け、パナソニックがジャガーのFIAフォーミュラE世界選手権におけるタイトル・パートナーに決定

・チーム・ドライバーには、アダム・キャロル、ミッチ・エバンス、そしてリザーブ・ドライバーにはホーピン・タンを迎え、経験者と若手の双方がそろったラインアップ

・英国最大の研究開発投資規模を誇るジャガー・ランドローバーは、このフォーミュラEを次世代の電気自動車を開発するためのプラットフォームと位置づけ、「RaceToInnovate(イノベーションのためのレーシング)」という姿勢を改めて強調

・パナソニック・ジャガー・レーシングは、テスト・プログラムの成功を受け、2016年10月9日(日)に香港で行われるフォーミュラE第3シーズン開幕戦でデビュー予定

・ジャガー・レーシングの発表動画を下記にて公開
https://youtu.be/yWtEgn-uqjAhttps://youtu.be/GzIFmURtfcQ

2016年9月8日

 シングルシーターの電気自動車による初の世界選手権であるFIAフォーミュラE世界選手権への参戦を表明しているジャガーは、本日、チームの正式名称、ビジョン、タイトル・スポンサー、ドライバー・ラインアップ、そして展望を発表しました。


 チームの正式名称はパナソニック・ジャガー・レーシングとなります。2016年10月に開幕するフォーミュラE第3シーズンから、ジャガー史上初となる電気自動車のレーシングカー「I-TYPE1」で参戦します。

 ジャガー・コレクションズ・センターで実施した発表イベントでは、パナソニック・ジャガー・レーシングのリザーブ・ドライバーであるホーピン・タンが新型マシン「I-TYPE1」を運転して登場し、鮮烈なデビューを飾りました。そして、電気自動車に対する見方を変え、新しい電気技術の開発と次世代のファン獲得を目指す「RaceToInnovate(イノベーションのためのレーシング)」というブランド・コミットメントの概要を説明しました。

 そして、第3シーズンにおいて「I-TYPE1」を駆るドライバーとして、アダム・キャロルとミッチ・エバンスを発表、披露しました。このドライバーたちが、世界トップレベルのモータースポーツに復帰するジャガーの先頭に立ち戦います。

 ジャガーは、パナソニックとのパートナーシップの詳細についても発表しました。世界をリードする総合電機メーカーであり、自動車技術を有するパナソニックが、ジャガー・レーシングと連携し、最高レベルのパフォーマンスが問われるフォーミュラEという環境において、電気技術の限界に挑戦します。またジャガーは、オフィシャル・チーム・パートナーとしてリア・コーポレーションが参加することも発表しました。

 パナソニック・ジャガー・レーシングのチェアマンを務めるガード・マウザーは、次のようにコメントしています。

「本日、ジャガー・レーシングは新しい歴史の幕を開けました。ジャガーはフォーミュラEに参戦する最初のプレミアム自動車メーカーとして、世界トップレベルのモータースポーツに復帰できることをとても誇りに思います。未来は変化し続けており、当社もその変化の渦中にいます。都市部で開催されるレースに参戦し、新世代のジャガー・レーシングのファンを魅了することができるのを心待ちにしています。フォーミュラEは次世代のファンの注目を集めるのに最高のプラットフォームだと確信しています」

 ジャガー・ランドローバーは、9,000名を超えるエンジニアを雇用し、様々な産業分野における企業のなかで、研究開発への投資を推し進めている英国屈指の企業です。

 ジャガー・ランドローバーのプロダクト・エンジニアリング担当エグゼクティブ・ディレクターである、ニック・ロジャースは、次世代の電気自動車の開発におけるフォーミュラEが果たす役割と、ジャガー・ランドローバーの今後の製品ラインアップにおける電気自動車の重要性を強調しました。

「これからの自動車業界は、過去30年間に起きてきたこと以上の変化が今後の5年間で起こると、当社はみています。フォーミュラEに参戦することで、極限条件下で当社の先進技術のエンジニアリングやテストをすることが可能になります。フォーミュラEで得る貴重な知識は今後市販車の開発に応用していきます。ジャガー・ランドローバーは、現在9,000人のエンジニアを雇用していますが、このエンジニアたちが蓄積してきたデータを抽出して活用することで、レーシング業界における電気技術の新境地を打ち立てていくことができると自負しています」

 パナソニック・ジャガー・レーシングは、ドニントンパーク・サーキットで終了したフォーミュラEの最終公開テストを含め、21日間にわたるテストを無事に終了しました。

 パナソニック・ジャガー・レーシング・チームのディレクターであるジェームズ・バークレーは、次のようにコメントしています。

「本日、このようにパナソニック・ジャガー・レーシング・チームの正式発表を行うことができ、チームにとって、そして私自身にとっても特別な日となりました。フォーミュラEデビュー戦に向け、この9か月間、チーム全員がベストを尽くしてきてくれました。アダム、ミッチ、ホーピン、パナソニック、リア・コーポレーション、そして新しいファンの皆様を、ジャガー・ファミリーに迎えることができ、大変嬉しく思います」

「私たちは、レースでも、レース以外でも常に勝利を目指しています。ですが、他の競合チームは私たちより2年も先にレースに参加しているなか、勝利を目指すことは決して簡単ではないことは十分承知していますし、冷静な見通しを持っています。最終的には、フォーミュラEでの優勝を目指していますが、それだけが目的ではなく、技術革新のためにフォーミュラEで戦うのです。FIA会長のジャン・トッド氏と彼のチーム、そしてフォーミュラEのアレハンドロ・アガグ氏と彼のチームに、この画期的なシリーズの開催と、ジャガーの参戦に伴うこの12か月におよぶ献身的なサポートに対し、心から感謝を申し上げます」

パナソニック・ジャガー・レーシング・チームのドライバー

アダム・キャロル:
33歳、北アイルランド出身スピードと実績を兼ね備えたドライバーです。彼は、これまでカート・レースをはじめ、F3、GP2、A1GP、インディカー、WECで経験を積んできました。パナソニック・ジャガー・レーシングが実施したフォーミュラEの膨大なテスト走行にも、ドライバーとして参加していました。

「パナソニック・ジャガー・レーシングのドライバーになれたことは、本当に名誉なことです。このフォーミュラEが持つ競争力や影響力を理解するには、このシリーズに参戦している他チームのドライバーたちを見るだけで十分わかります。ジャガーのマシンを運転することは私の夢でもあります。なぜなら、ジャガーはフォーミュラEに参戦する格式高いブランドであり、レーシング界で最も影響力のある自動車メーカーの1社だからです」

ミッチ・エバンス:
22歳、ニュージーランド出身
2012年のGP3を含む、数多くのカート・レースやフォーミュラカー・レースでタイトルを獲得し、レースにおける才能が認められている若手ドライバーです。また、2015年のル・マン24時間耐久レースでは、クラス2位でゴールするという快挙を果たしました。2016年は、カンポス・レーシング・チームの一員としてGP2シリーズに参戦しました。

「フォーミュラEは、ドライバーにとって世界で最も熾烈な戦いが繰り広げられる選手権です。どのドライバーも、フォーミュラEでレーシングカーの限界を知り、1/10秒という極限に挑戦することの大変さを語っていますが、シーズン開幕がとても楽しみです。ジャガーは歴史に名を馳せる車を今までに何台も製造しています。ジャガーが生み出す電気自動車の将来に携わることができ、またジャガーがモータースポーツ界に復帰する瞬間に立ち会えることに、今からとても興奮しています」

ホーピン・タン:
33歳、中国出身
F3、A1GP、GP2、WEC、インディカー、そしてF1のテスト走行など、フォーミュラカー・レースでの豊富な実績があります。タンはこれまでフォーミュラEに3レース出走した経験を有しており、その経験をもってチームに貢献します。

「ジャガーがフォーミュラEへの参戦は大変意義のあることだと思います。私は実際にフォーミュラEで走行した経験があり、このレースがワクワクするような次世代技術で世界中の都市にいるファンたちをいかに魅了するかを、実際に目にしてきました。電気自動車の未来と、ジャガーのレース界における活躍に貢献できることを楽しみにしています」

ジャガー・ランドローバー  プレスリリース

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ フォーミュラE
チーム ジャガー・レーシング
記事タイプ 速報ニュース