ネクストEV技術チームを一新へ。ピケ&ターベイは残留か?

ネクストEV TCRは、フォーミュラEの第3シーズンに向け、独自のエンジニアリングチームを形成することになりそうだ。

 ネルソン・ピケJr.にシーズン1のタイトルをもたらしたネクストEV TCRは、現在チームを実質的に運営しているカンポスから離れることになるという。

「我々はシーズン3のために独自のチームを組織しますが、カンポスとの素晴らしい関係は継続されるだろう」と語るのは、ネクストEV TCRのチーム代表、マーティン・リーチだ。

「カンポスが来季のすべてに関わっているかどうかを語るのは、時期尚早だ。ただ、ネルソンが来シーズンの勝利を確保するためには、非常に重要なパートのひとつであることは、共によく理解している」

 イギリスをベースにする新しいチームは、昨年12月にチーム・アグリから移籍してきたゲイリー・ヒューズが率いることになる。また、数人のスタッフがヒューズと共にチーム・アグリから新しいエンジニアリングチームに加わっている。

「我々は15人のチームで、シーズン3用のマシンに取り組んでいる。我々は基地を設置するため、オックスフォード周辺の地権者と協議している。そしてヒューズはエンジニアリングチームを設定し実際に動かすため、イギリスから指揮している」

「ちょうどロングビーチの前にクラッシュテストに合格したため、すぐにでもテストを行うことができる」とリーチは確認する。

 ネクストEV TCRは、同チームに技術支援を行ってきたラショナル・モーション社との関係を継続する可能性がある。同社はドイツのケルンにある、トヨタ・モータースポーツGmbH(TMG)の敷地内に存在する。

ピケJr.はネクストEV TCRに残留の方向

 フォーミュラEの初代チャンピオンであるネルソン・ピケJr.は、第3シーズンもネクストEV TCRに残留する方向である。

 ピケJr.は来季デビュー予定のジャガーのドライバー候補としても取り沙汰されているが、リーチはピケJr.がネクストEVに残留する予定だと語る。

「我々はネルソンとの複数年契約を持っているし、物事について議論してきた。そして、チームの全員がとても幸福だし、前進するモチベーションに溢れていると考えている」

 チームはまた、オリバー・ターベイについても残留を望んでいる。ターベイは今季初めてフォーミュラEにフル参戦しているが、チームはその能力に非常に感銘を受けたという。ターベイはチームの3回の入賞のうちふたつを稼ぎ、ピケJr.の4ポイントに対して10ポイントを獲得している。

 ネクストEV TCRは現在までのところ、中国人ドライバーを起用する考えはなく、今後もその重圧に晒されることはない。

「我々は現在のふたりのドライバーに非常に満足している。中国人ドライバーを起用しろというプレッシャーはないよ」とリーチは語る。

「我々はグローバル企業であり、37の異なる国籍の人々が働いている。なので我々は、グローバルという視点でベストな人選をしたい」

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ フォーミュラE
ドライバー Nelson Piquet Jr.
チーム China Racing
記事タイプ 速報ニュース