フォーミュラE最終戦コメント:ブエミ「ディ・グラッシのしたことは許されることじゃない」

フォーミュラE最終戦ロンドンePrix決勝レース終了後のドライバーコメント

優勝:ニコラス・プロスト(ルノー・e.ダムス)
「チームが素晴らしいクルマを用意してくれた。2連勝できて、これ以上の週末はないよ。両方のタイトルを手にしたことは素晴らしいよ」

 

2位:ダニエル・アプト(アプト・シェフラー・アウディ・スポート)
「個人的にはとても嬉しい結果だった。シーズン後半は上手いレース展開ができたと思う。(ディ・グラッシとブエミの事故については)離れすぎていてよく見えなかったが、無意味に騒ぎたてて欲しくない。ルノーe.ダムスに追いつくため、私たちのチームは向上することできた。ディ・グラッシは素晴らしいシーズンを戦ったと思う」

 

年間ランキング王者:セバスチャン・ブエミ(ルノー・e.ダムス)
「昨年は1ポイント差で逃した王座。速いだけでは勝てなかった。このコースに戻ってくるのは辛かった。だからこそ、大きな勝利。そして素晴らしい成果だと思う」

「こんな勝ち方はしたくなかった。ビデオを見たけど悲しい気持ちでいっぱいになったよ。ディ・グラッシには右に避ける選択肢もあったのに、直進することを選びぶつかってきた。彼にとって勝つ唯一の方法だったのかもしれないが、がっかりしたよ」

「(クラッシュ後は)ファステストラップで逆転できることを思い出した。自分の方が速く走れるし、落ち着いて戦えば可能だと思った。しかし、信じられないことが起こった。彼がコースで私を邪魔するために待っていたからね。感情的になってしまったよ」

「(ディ・グラッシがブエミのブレーキングが早過ぎたと言っていたが)あのコーナーを曲がるにはあれ以上遅くブレーキを踏むことはできない。彼がしたことは許されることじゃない。自分の間違いを人のせいにするのは信じられない」

 

年間ランキング2位:ルーカス・ディ・グラッシ(アプト・シェフラー・アウディ・スポート)
「クラッシュの映像は見ていないが、データは見た。良いスタートをきれたので、ブエミを捉えるためにはまず早い段階でプロストを果敢に攻める必要があった。そんな中、ブエミが通常より15メートルほど早くブレーキを踏んだ。あの時、僕はプロストを見ていて、気がついた時にすぐブレーキを踏んだが、それでホイールがロックしてしまった。クルマのコントロールを失い、あの事故に繋がった。激しい戦いに事故はつきものだ。もし立場が違ったら、彼も僕のようにアグレッシブに戦っていただろう」

「(クラッシュ後、コース上でブエミの邪魔をしているように見えたが? と問われ)思うように走れる大きな間隔で出るタイミングを待っていただけだよ。レース終盤の方が速い記録を出せることはわかっていた。だからエネルギーを極力温存し、最高のタイミングで周回できる時を待っていた。それだけだよ。チャンピオンシップに負けたのは悔しいが、最後まで互角に戦えたことが奇跡。今季、後悔することは何もない」

「正直なところ、僕が彼の車に乗っていたら大差でチャンピオンになれていたと思う。来季はチーム間の車に技術の差がなくなることを熱望するよ。その方がいい戦いをできる。ハイレベルのドライバーが集まっているのに、車の差が結果になってしまっている。改善されればシーズンの終盤で4〜5人でタイトル争いができると思う」

Formula E JAPAN 広報事務局

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ フォーミュラE
イベント名 ロンドンePrix
サブイベント 日曜日 レース後
サーキット ロンドン市街地
ドライバー Daniel Abt , Lucas di Grassi , Nicolas Prost , Sébastien Buemi
チーム DAMS , Team Abt
記事タイプ レースレポート