ポルシェ、フォーミュラEのバッテリー入札に参加か?

ポルシェは、フォーミュラE第5シーズンから使われるバッテリーの入札に参加した可能性が高いとみられている。

 ポルシェの経営のトップが、フォーミュラEの最初の2シーズン、いくつかのイベントに出席したことは有名だ。

 現在、ポルシェはフォーミュラEの第5シーズンから、バッテリー技術の供給に向けて活動をしていると見られる。

 バッテリー供給の入札申請は、バッテリー供給業者を決めるためにFIAによって組織された、独立したコンサルタントチームによって現在査定されている。最終的な決定を下すために、期間が延長された結果、来月に結論が出る予定だ。

 来週行われる世界モータースポーツ評議会で、事前通告がなされるだろうが、来月の香港で行われるフォーミュラE第3シーズン開幕戦で出される公式発表まで、検討は続けられるだろう。

 ポルシェは長い間、電気自動車や持続可能な乗用車に取り組んでおり、昨年コンセプトカー「ミッションE」を発表している。今年初め、ポルシェはフォルクスワーゲングループに、バッテリー技術の管理と開発を任された。

 ポルシェは、短期的にはフォーミュラEのチームにはなりそうもないが、WECのLMP1-Hクラスでタイトルを獲得した、ポルシェ919ハイブリッドのシステムを発展させ、チームに先進的なバッテリーを供給することに興味を持っている。

 ポルシェは、今年始めに2つのチームとテクニカルパートナーになることを話し合っていたが、それ以降、その技術をすべてのマシンに供給するという選択肢を追求することに集中していると考えられている。

 いずれにしても、ポルシェの電気工学部門は現在、研究開発において一流であり、2018年以降のフォーミュラEバッテリー入札に推進していると考えられている。

 ポルシェのモータースポーツ部門副社長、フランク・ステファン・バリサーは、フォーミュラEの入札を含め、ポルシェのバッテリー製品開発部門を率いていると考えられている。彼は今年5月のベルリンePrixに姿を現している。

 ポルシェはmotorsport.comにバッテリー供給に対する興味に対して、コメントしないだろうが、昨年の10月には「ポルシェはこの分野で先駆者のひとりでありたい。すでに5年前の911GT3R ハイブリッドでそうだったようにね」とバリサーは語っている。

「将来的にも、そのようなトレンドを把握し続け、適切なパフォーマンスクラスに適切な配置をし、良い結果を出すことは極めて重要だ。技術的、戦術的な判断が同等に求められる」

 契約には大規模な販売権が付随するため、パナソニックやレッドブルテクノロジーのようなビッグネームの入札も予想される。レッドブルテクノロジーは入札に対して当初から興味を示していたが、それ以降ルノーとその機能を統合している。

 入札に参加した候補として、マクラーレン、SAFT、ウイリアムズ・アドバンスド・エンジニアリング、DS、マヒンドラといった名前も挙がっている。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ フォーミュラE
記事タイプ 速報ニュース