レッドブル・テクノロジーがフォーミュラEのバッテリー入札に参加か?

レッドブル・テクノロジーは、フォーミュラEの第5シーズンに新たなバッテリーサプライヤーとなることを目指しているようだ。

 レッドブル・グループの一端を担うレッドブル・テクノロジーは、フォーミュラEの第5シーズンからのバッテリーサプライヤーになるべく、入札を行ったと言われている。というのも、これによって彼らは、レッドブルのモータースポーツにおける仕事の幅を広げることができるのではないかと考えているからだ。

 レッドブル・テクノロジーは、最高250kWのパワーに加えて、1時間あたり54kWのエネルギーを使用できるバッテリーをデザイン、そして構築し、フォーミュラE第5シーズンのサプライヤーになるべく入札を行ったとみられている。

 もしレッドブル・テクノロジーがこのプロセスに成功すれば、2018年に始まる第5シーズンから、フォーミュラEに参戦する全てのチームにこのバッテリーを提供することになる。

 計画では、2017年の11月にチームが実際にバッテリーをテストする前、来年の6月に最初のクラッシュテストを行われる予定だ。

 バッテリーを含む第5シーズン用の完成車は、テストが始まる前の2018年の6月にホモロゲーションが行われることになる。全体でのテストは、2018年の8月を暫定的に予定している。

 FIAによって決められた落札者は、6月に公にされる予定だった。しかし、入札者が非常に多く、そのクオリティも非常に高かったため、FIAはテクニカル部門とそれを検証するために、6週間の追加日程を加えることを決めたと、motorsport.comでは確認している。

 この入札には、現在バッテリーの供給を行っているウイリアムズ・アドバンスド・エンジニアリングの他、ルノー、DS、マヒンドラなどの他、複数の企業・団体が応じたようだ。

 レッドブルは、同社がサポートするセバスチャン・ブエミとアントニオ・フェリックス・ダ・コスタのおかげで、フォーミュラEではいくつかの足跡を残してきた。そしてヘルムート・マルコ博士は、2014年のプンタ・デル・エステePrixにアドバイザーの立場で参加した。

 どこのメーカーがバッテリー供給を行うことになるかという決定は、8月23日から9月5日までドニントンパークで行われるテストで明らかされる可能性もある。

サプライヤー決定に向け、チームの関与が欠如

 motorsport.comは、FIAとチームが新しいバッテリー供給元に何を求めているのかという点について、フォーミュラEのあるチームのテクニカルディレクターに話を聞いた。

「バッテリーにおける圧倒的な数の技術的な努力を、現段階で見極めるのは非常に難しい」と、その匿名を希望した人物は言う。

「全ての希望者を査定するために、その会社を訪ねて、これまで何を行ってきたか、そして今後何をするつもりで、我々とどれほど密接な関係にあるかを詳細に理解する必要がある。しかし、スケジュールがタイトだから、早めに決めないといけないんだ」

 なおチーム側は、第5シーズンのバッテリーを決定するにあたって、その議論にあまり関わっていないことに対し、不安に感じていることを、motorsport.comでは確認している。

 フォーミュラEは、2014年のシリーズ開幕前、その初期のバッテリー供給に対する難しさに直面していた。しかし、ウイリアムズ・アドバンスド・エンジニアリングは優秀なサプライヤーであることが証明され、この面での救世主となった。

 匿名のテクニカルディレクターは、「クラッシュテストや安全性のテストで求められるものは、モノコックに関して要求されてきたものを超えている」と付け加えた。

「構造上、とても最適なものとは言えないので、形の詳細はかなり慎重に考えなければいけない。チームはもっとコンサルタントと共にあらゆる面で議論の中で発言する必要がある」

「我々の多くは、バッテリーが限定的なファクターになってしまうだろうという点で、最初のシーズンと同じ状況になるだろうと考えている。当時の最初のサプライヤーの問題を覚えているか? 今回は、このオファーの選択肢の質が高いけど、またあの時と同じことになるかもしれない」

「スケールを大きくすることはかなり難しい。ウイリアムズは経験もあるし、非常にトリッキーな状況でもいい仕事をしてきたから、彼らのバッテリーを採用する事が最も安全な選択だ」

「しかし、彼らのジャガーとの関わり合いには不安がある。話し合うことはたくさんあるが、時間はあまりないんだ」

”レッドブル”の名前が障壁に?

 レッドブル・テクノロジーは、サプライヤーとしての経験不足とブランディング面の問題により、すでにサプライヤーの候補から外されていると言われている。

「レッドブルとは驚きだった。しかしそれは、フォーミュラEが多くのビッグネームからの興味を集めていることを意味している」

 そう匿名のエンジニアを続けた。

「彼らは良い仕事をするだろう。僕はそれを確信しているよ。しかし、チームにとっては完全に快適な状況にはならないだろう。それは、将来に向け、チームの潜在的な商取引を制限する可能性を秘めているからだ。特に、他のエナジードリンクとのパートナーシップを結ぶ場合はそうなる」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ フォーミュラE
記事タイプ 速報ニュース