花の都パリのど真ん中を、フォーミュラEが疾走する!:パリePrixコース解説

パリ中心部でフォーミュラEマシンの真剣バトル。そんな”異常事態”が間も無く開催される。一体どんなところで、パリePrixは開催されるのか? 現地からのレポートをお届け

 今週末の土曜日、花の都パリのど真ん中で自動車レースが開催される。全電化で環境負荷のないフォーミュラE(FE)レースがそれだ。F1にもできない、WEC(世界耐久選手権)にもできないことを、生まれたばかりのFEがやってのける。

 FEといえば2014年に産声を上げたばかりの電気自動車によるレース。まだよちよち歩きだというのに、すでに世界各国の大都会の真ん中でレースを繰り広げてきた。北京、ロンドン、ブエノスアイレス、メキシコシティ、ベルリン……などなど。しかし、これらの都市では市内の公園や空港跡地を使ってのレースで、都会の真ん中を走る普通の道路を使うことは希。その希なことを、なんとパリが引き受けたのだ。

 

ターン10のすぐ横にはオープンテラスのカフェが。さながらモナコGPのようだ
ターン10のすぐ横にはオープンテラスのカフェが。さながらモナコGPのようだ

Photo by: Kunihiko Akai

 

 コースは1周1.92kmと短いが、コース設定がなんとアンヴァリッド宮殿(旧廃兵院、現在一部は軍事博物館、ナポレオン一世の墓所)の周囲を取り巻く道路を周回するというもの。祀られているナポレオンも驚いて起き出してくるかもしれない。コースレイアウトは短い直線が14個のコーナーで繋がり、何カ所かトリッキーなコーナーもある。第10コーナーの外側にはカフェがあり、さながらF1モナコGPを彷彿とさせる。ピットレーンはアンヴァリッド宮殿前の広場の中央を走る道路を巧みに使って設営されている。

フランス系メーカーの誇り 

コースからは、エッフェル塔を望む
コースからは、エッフェル塔を望む

Photo by: Kunihiko Akai

 

 パリの市内でのフォーミュラEレース開催は、FEH(フォーミュラEホールディングス)のアレハンドロ・アガグ代表に取ればシリーズ開始からの夢。彼は常々、「パリとニューヨークの街でフォーミュラEのレースを開催するのが夢だ」と語っていた。その夢のひとつが実現する。アガグの後押しをしたのがFIAのジャン・トッド会長であることは疑う余地がない。トッド会長はフォーミュラEの強力な支援者。モータースポーツの将来を睨んで、アガグが始めた環境負荷のないフォーミュラEを推進する。FIA本部は今回のパリePrixの会場から目と花の先(セーヌ川を渡った対岸すぐの所。直線距離で約600m)。FIA選手権のフォーミュラEがパリ市内に足跡を残せた裏には、FIAの意向も働いていたはずだ。

  

パリePrixのコース図。パリの本当に中心であることが、お判り頂けるだろう
パリePrixのコース図。パリの本当に中心であることが、お判り頂けるだろう

Photo by: FIA Formula E

 

 パリでフォーミュラEが行われることを歓迎するのはFIAだけではない。フォーミュラEにはその開始時期から多くのフランス企業が参画しており、今回のレースをサポートする。ルノー、DSシトロエンといった自動車メーカー、ミシュランタイヤはその筆頭であり、彼らにとって自国のそれも首都の真ん中で自社の誇る技術を搭載したレーシングカーが走るのは、この上ない誇りだろう。

 観客席のチケットは完売。あと24時間もすると、静かに、高速で、フォーミュラEがパリの街中を疾走する。

■テレビ放送情報

〈生中継:CSテレ朝チャンネル2〉
4月23日(土) フリー走行 17:30〜
        予選 18:50〜
        決勝 22:50〜
〈決勝ハイライト〉
4月27日(水)23:00〜(BS朝日)
5月6日(金) 27:20〜(テレビ朝日地上波)

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ フォーミュラE
イベント名 パリePrix
サブイベント 木曜日
サーキット パリ市街地
記事タイプ プレビュー