カストロネベスとヒンチクリフ、レース・オブ・チャンピオンズ出場

インディカーで活躍するエリオ・カストロネベスとジェームス・ヒンチクリフは、来月のレース・オブ・チャンピオンズに出場する。

 インディ500を3度制しているエリオ・カストロネベスと、同じくインディカーで活躍するジェームス・ヒンチクリフは、来月マイアミで行われるレース・オブ・チャンピオンズ(ROC)に出場することが発表された。両者は、これが初めての出場となる。

 ROCの新たな計画により、北米出身のドライバーがカナダ人のヒンチクリフと組むことになり、ラテンアメリカ出身のドライバーがブラジル人のカストロネベスのチームメイトになる予定だ。

 今大会では、ソーシャルメディアでの投票を経て、北米から10人、ラテンアメリカから10人のドライバーが選出された。

 カストロネベスは、「ROCの案のおかげで、素晴らしい機会を得た」と話した。

「アメリカンのスターになった気分だ。契約を交わして、次の年には偉大なスターになる、といったようにね。本当に楽しみにしているよ! 1月が待ちきれない」

「ROCの素晴らしいところは、どのカテゴリーでレースをしていようと、すべての選手がこれに出場するチャンスを与えられているということだ。様々なマシンが用意されてるということは、つまり、普段ラリーに乗っていようがNASCARに乗っていようが、全員がそれに適応できるということだ」

「出場する全員が能力のある人たちだ。それに加えて、マイアミという慣れ親しんだ場所でレースをすることも、僕にとっては本当に素晴らしいことだ。特にここでは、僕の家族や友人たちと楽しい時間を過ごすことになるだろう」

 ヒンチクリフも、次のように話した。

「今回の大会に出場できることになって、とてもワクワクしている。何年もこのレースを見てきたし、本当に出場したいと思っていた。ROCに呼ばれるなんて、早めのクリスマスプレゼントをもらったみたいだった」

「いろいろなレースに出場するドライバーがひとつの場所に集まって、普段とは違うマシンをドライブする。きっとすごいレースになると思うよ」

【関連ニュース】

motorsport.com、レース・オブ・チャンピオンズの公式パートナーに

Motorsport Networkがヘイマーケット社のモータースポーツ事業を買収

Motor1.comがオートバイサイトのRideApart.comを買収

アレクサンダー・ロッシ&スコット・スピード、マイアミのROCに参加決定

今季限りでF1引退のマッサ、レース・オブ・チャンピオンズに参戦。来年1月にマイアミで開催

レース・オブ・チャンピオンズ、来年1月にマイアミで開催決定。ベッテルも参加

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ General
ドライバー Helio Castroneves , James Hinchcliffe
記事タイプ 速報ニュース