レース・オブ・チャンピオンズ、来年1月にマイアミで開催決定

レース・オブ・チャンピオンズは来年1月にマイアミの球場で開催され、今年もセバスチャン・ベッテルが参戦する。

 レース・オブ・チャンピオンズ(ROC)は1988年に始まり、昨年はロンドンのオリンピックパークで行なわれている。これまでにも、バルバドス、ドイツ、中国、フランスでも開催されてきた。

 今年のROCは、イチローも所属するマイアミ・マーリンズの本拠地、マーリンズパーク・ベースボールスタジアムで開催される。このスタジアムは2012年に建設され、37,000人を収容できる。

 参加する選手はF1、NASCAR、インディカー、ル・マン、WEC、MotoGP、WRC、X Gamesの中から選出される。全員が同じマシンに乗って、スタジアム内に創設されるトラックで優勝を争う。

ベッテルはタイトル防衛を狙う

 4度のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は、昨年初めてこのROCでタイトルを獲得した。そして今年もROCに参戦し、タイトル防衛を狙う。

「昨年ロンドンで行われたROCでタイトルを獲れて本当に嬉しかったよ。今年はマイアミでタイトルを守るのが楽しみだ」

「ドライバー全員が手強いんだ。でも今回はアメリカで開催だから、NASCARとインディカーのドライバーは特に、初開催の地元のファンの前で勝利にこだわるだろうね」

「球場でROCを開催するのも初めてだし、新しいコースレイアウトにとても興味があるんだ。でもみんなにとっては、いつも同じトラックと同じマシンだから、ドライバーしかコースの違いがわからないね」

「ROCでレースをするのはとても印象的な出来事だ。レースはコンマ何秒かで決まってしまうから、戦略も重要だね。最初から最後まで全速力だよ!」

「レース・オブ・チャンピオンズは、どうして僕たちがレースを始めたのかを思い出させてくれる。純粋な勝負だ。このコースでのレースは特別で、みんなが勝ちたがってる。ファンにとっても特別なレースになると思うよ」

「ROCに参加することを誇りに思っているドライバーはみんな、このイベントと恋に落ちたんだと思う。これに招待されて戻ってこれるなんて特別なことだ」

初日は個人戦、2日目はネーションズレースを開催

 ROCは2日間で行われる。初日は2017年1月21日(土)に行われ、まずは個人の優勝を目指して争う。

 翌22日(日)にはネーションズカップが行われ、同じ国の選手とタッグを組んで、”世界最速”の国を目指す。

 ROC代表者のフレデリック・ジョンソンは以下のようにコメントした。

「マイアミのマーリンズパークは素晴らしい開催地だ。そして、野球場で開催するのも初めてだ。ファンやドライバーにとって、本当に記憶に残るレースとなるだろう」

「アメリカのレースファンはモータースポーツに情熱的で、ROCを楽しんでくれると思うよ」

「私たちは、会場のファンの人たちが世界中のベストドライバーが集まってレースをするのを見て楽しむのを歓迎したい。ノンストップのアクションやノイズ、興奮するようなイベントが好きなら、レース・オブ・チャンピオンズはそんな人にぴったりだとよ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ General
ドライバー Kurt Busch , Ryan Hunter-Reay , Sebastian Vettel
記事タイプ 速報ニュース