【東京オートサロン】新旧IMPULドライバーが集まり”星野一義”を語る

東京オートサロンので、IMPULチームに所属した経験のあるドライバーがトークショーを行い、星野一義監督に関するエピソードを披露した。

 1月14日、東京オートサロン2017のIMPULブースでトークショーが開かれ、新旧のTeam IMPUL所属ドライバーである本山哲、松田次生、星野一樹、そして安田裕信が登場した。

 話題の中心は、当然のように『日本一速い男』であり『日本一熱い監督』でもある星野一義監督についてだ。

 本山は、スーパーGT GT500クラスにデビューした1997年と、2000年に星野一義のチームメイトとなったが「今から考えると、ルーキーでいきなり星野さんと組むなんて信じられない」としみじみ。

 2000年にGT500クラスにデビューした松田は、星野が見せた走り(第6戦MINEサーキット優勝)に感銘を受けたと語った。

 一方で、安田は「小さすぎて当時のレースはわからない。”息子さん”のは見たことあるんですけど」と先輩の星野一樹を”息子さん”呼ばわり。これには当然一樹が突っ込み、生意気すぎると”LINE”経由でよく安田を叱っているという。

「都合のいい時だけ、『兄弟じゃないですか、可愛がってくださいよ~』と調子がいいことを言う」と一樹は安田について語る。

 松田は「ホンダに乗っていた僕を、日産に誘ってくれたのが星野さんが初めて。フォーミュラ・ニッポンの最終戦でポールポジションを獲った夜に電話が来た。いろいろ厳しいこともあったけど、それが成長の糧だった」と勧誘を受けたエピソードを明かした。

 2006年と2007年にIMPULでGT500クラスに参戦していた一樹は、優勝した2006年の鈴鹿1000kmで、6スティント中1スティントしか走れなかったことについて「決断したのは父親で監督である星野一義。優勝して嬉しかったけど、悔しかった。奮起できた理由でもあるので一番の思い出」と語った。

 予想に反して真面目なエピソードが続いたが、ついに安田が監督の面白いエピソードを披露する。

「ご飯を食べに行った時、僕が苦手な肉の脂身を残していたら、残していたら強くなれないと怒られた。代わりに星野さんが食べてくれたんですけど、翌日星野さんが見当たらなくて……ずっとトイレに入っていたらしいです」

”熱い”ことで有名な星野一義監督だが、時折優しい父親としての顔も見せるという。

「『一樹さんがトップですよ!』と監督に言っても、見てないフリをするんですよ」

 そう安田が語れば、松田も「チームとしては関係ないはずなのに、GT500の走行が終わると『よし! 次は一樹だ!』って仰るんですよ」というエピソードを語った。

 ただ優しいだけではなく、時には厳しい父親としての顔も見せる。それを語るのは本山だ。

 本山が寝坊し、それを迎えに来た一樹と共にミーティングに3分遅刻したという。すると、怒られたのは一樹。「僕が悪いんです!」と本山が言っても、「いやコイツが悪い」と一樹を怒り続けたという。

 そんな話が飛び出すと、各ドライバーから監督の様々なエピソードが、堰を切ったように次々と飛び出してきた。ドライバーたち曰く「聞かれるとヤバい」らしいので、ここで記すことは控えておこう。

 登壇者たちが盛り上がっていると、突然星野監督がステージにサプライズで登場。一同はおもわず起立して監督を出迎えた。

 監督は、「チームの力があるんじゃなくて、はっきり言ってドライバーが良い。お世辞じゃなくて、ドライバーが良い方向にクルマを持っていく。ドライバーのセットアップが良い」と歴代ドライバーたちを褒め称えた。監督がステージを降りた後、安田は「冷静すぎて怖い」と漏らした。

 最後に、各ドライバーは2017年の意気込みを語った。

 松田は「他メーカーも速いですが、日産も速いので大丈夫です。GT-R勢で力を合わせて頑張っていきます」と語ると、本山は「今シーズンも色々頑張っていく。息子さんの邪魔だけはしないように」と会場の笑いを誘った。また一樹も「今年も必ずGTを走ります!」と答えた。

【関連ニュース】

【ギャラリー】東京オートサロン2017

女性限定プロレースがFSWで5月始動。その名も「競争女子選手権」

【スーパーGT】埼玉トヨペット、マークX MCでGT300クラス参戦

スバル2017年MS参戦体制発表。GT300ではタイトル獲得だけが目標

【スーパーGT】ホンダ2017年参戦体制発表「今年は何としても勝つ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ General
イベント名 東京オートサロン2017
記事タイプ 速報ニュース